知識賢治の名言|仕事を通じて部下を成長させることが自分の仕事のすべてだという気概を

このエントリーをはてなブックマークに追加

若手といえどもリーダーになったなら「仕事を通じて部下を成長させることが自分の仕事のすべてだ」というくらいの気概を持ってほしい。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大切な投資には一定のリスクが伴う。だからといって逃げてばかりではいつまでたっても成果を得られない。失敗するかもしれないというリスクと同時に、責任を取らないことで生じるリスクもあることを肝に銘じないといけない。

義を捨て人を欺きて、裏切った者は、武将の恥辱、末の世まで嘲笑されるだろう。

早起きのきっかけは、中小企業診断士の資格取得を目指したことです。夜は勉強の時間が取れず、仕方なく朝4時起きで勉強し始めたのですが、早起きすると良いことづくめだった。資格を取得した後も、朝型の生活を続け、今も毎日5時に起きています。

雑談の話題は芸能、スポーツ、経済、社会と何でもいい。当たり障りのない話題で複数のエサを撒き、相手が興味を持ってきたものを膨らませるのが有効です。

時間を奪う原因のひとつは、仕事が行き詰って、身動きができなくなっている時間でしょう。何か壁にぶつかって仕事が前に進まなくなることは、もちろん誰にでもあることです。ですから、そうした状態にできる限り陥らないように、前もって準備することが必要です。それが仕事のスピードと質に大きな差を生むと思います。

現状をチャンスと捉えて取り組んだ自治体と、そうでない自治体との間で、将来的に相当な差が出てくるだろう。

社外に臆することなく発信することで、社内の人材を動かす側面もある。

ページの先頭へ