知識賢治の名言|組織が成功するためには欠かせないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップが掲げる正しい戦略や情報を、いかに正確にスピーディーに組織の隅々にまで伝えるか。それが会社という組織が成功するためには欠かせないこと。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

M&Aの成功のカギは、相手企業の経営陣と信頼関係を築けるかどうか。我々がやりたいことや、目指すべき方向性について、多様なプレーヤーの賛同を得なければなりません。

運動神経を良くするには、複数の要素があると思いますけど、一番重要なのは「柔軟性」だと思いますね。普通に生きてると、イメージ通りに身体ってまず動かない から。例えば…そうだな。両腕を背中に回して、手を握ってみてって言っても、身体が固い人はできないですよね。

空き室の増加、入居率の低下は、事業収支の悪化を招き、オーナー様からの信頼を低下させてしまいます。ですから当社では、入居率の維持・向上については、「言葉では言い尽くせない」ぐらいの努力をしています。「なんでそんなに入居率が高いのですか?」と、よく他社から聞かれます。私は「それは努力をしているからです」と答えています。

リーダーの条件とは、変革を促すこと。

社外にある才能と良好な関係を築くためには、コミュニティごとの文化を理解するという新たな要素がマネジメントに加わってきます。まずは、経営者の考え方を変えることが大切ですが、これが一番難しい。「俺についてこい!」型の経営者は、企業の内部では威力を発揮できるかもしれませんが、社外の才能と対等な関係をつくろうとするなら、そういったやり方は通用しません。

とにかくお客様のところに行かなければダメ。売るときも、怒られるときも電話で処理するのではなく、必ず相手と会ってコミュニケーションをとる。そういう感覚が必要。

理想は、会社の言いなりではなく、自ら仕事を創り出して事業発展に貢献することです。ここまで突き抜ければ、その分野では社内のオンリーワンであり、プロフェッショナルです。

ページの先頭へ