枡野俊明の名言|余計な思考を限りなくシンプルに削り、本質を見出せば人はもっとラクに生きることができる

このエントリーをはてなブックマークに追加

余計な思考を限りなくシンプルに削り、本質を見出せば人はもっとラクに生きることができる。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は、「一所懸命」が大事だと思っているので、目の前のことに命を懸けながら生きてきました。

ポジティブに生きるには自分自身で決断することが大事。

生きることの大切さを人々に伝えていくのも、この仕事をしている我々の使命。

「生きる」とは、毎日少しずつ生を受けること。単に死ぬのを待つのとは違います。

苦労したり悲しんだりもする。でもどう生きるかってことを突き詰めていけば、意味のあることができるのじゃないかな。

多事多難から学んだ最大の教訓は「社会と共に生きる企業でなければならない」ということ。

見栄を捨てれば、生きる方法はいくらでもある。少し見方を変えれば、人生で思い悩むことは少なくなる。

ページの先頭へ