知識賢治の名言|働く人たち自身が「この会社を救いたい」とわき出るような思いを持って、再生に当たる

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつての企業再生は金融系企業が主導してバランスシートの見栄えを良くすることに力点が置かれていました。しかし、それで本当によいのでしょうか。本来は働く人たち自身が「この会社を救いたい」とわき出るような思いを持って、再生に当たるべきです。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

平和というのは、手に入れてしまうと当たり前になってしまうけれど、つくるのにどれだけ大変か、平和を維持するためにどれだけの犠牲が払われるのか。平和についてもう一度考え、為政者は多くの犠牲の上に平和が成り立っているということを知った上で、やりたくないこともやる為政者としての覚悟が必要。

デザインに関しては「どこからどう見ても新しいものに見えること」と「どこからどう見ても扇風機に見えること」という、一見、矛盾したコンセプトにこだわりました。「従来とは違う、新しい扇風機」というイメージは重要なのですが、「扇風機とは違う別の道具」にしてしまうと、誰も振り向いてくれないからです。あくまで皆が知っている「扇風機」でありながらも、「これまでとはまるで違う」という「驚き」があって、初めて買っていただけるのです。

情報を商品化するという、新しい業態に生まれ変わらなきゃいけない。インターネットを見たら世界中の情報が入ってきて、しかもそれは人工知能で全部分析できるという時代なので。

私の仕事は、「お客様には喜ばれ、ライバル企業には嫌われる」そういう社員を育てることです。

勝つことが私の興味の大部分。残りは哲学であり、ポエムであり々無駄話だ。

机上の勉強だけでは社会に出てもほとんど役に立たないのではないでしょうか。学校では社会に出て役に立つ実践的な教育をもっとするべきだと思います。高校でもアントレプレナー科もしくはベンチャー科があってもいいのではないでしょうか。

海外進出にリスクはつきもの。なくすことはできません。でもコントロールはできます。恐れるばかりではダメ。経営者自らが前に出てリスクを手なずければいいのです。

ページの先頭へ