知識賢治の名言|優れたリーダーは暗黙知を形式知に置き換える

このエントリーをはてなブックマークに追加

優れたリーダーは、暗黙知を言葉やノウハウ、仕組みといった「形式知」に置き換えさせ、身につけさせるように仕向けなければなりません。そうなれば、組織の他の人も共有することができます。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人が何かをなし遂げようとすれば、はじめから強い反感を買うことを覚悟しなくてはならない。家族や職場の同僚、取引先や金融機関がノーを突きつけてくるかもしれないし、ケチばかりつけてくるかもしれない。ことあるごとに抵抗も受けるだろう。そうした障害を乗り越えて晴れて市場にデビューしても、そこには途方もない数の競争相手がいる。ビジネスの世界で謙譲の美徳を実践していては、とうてい顧客や消費者の注意を引くことはできない。

ピンチをいかにチャンスに変えていけるのか、そこが大切。

思いついたことを記録しておくことも、仕事を速くするために有効です。忘れないだけでなく、思い出す時間が減らせるからです。私の場合、A4のノートに、思いついたことだけでなく、打ち合わせの内容や今後の予定なども簡単に書き留めています。そして一日に一回、必ずGoogleカレンダーのリマイングーかEvernoteにまとめて入力しています。こうしておけば、どこからでもすぐにアクセスできます。

未来志向の問いを発する方が、焦点が定まり、解決の筋道が見えてくるもの。過去の複雑な原因を探ることに労力をかけるよりも、未来の目的・目標に目を向けた方が、問題をシンプルに捉えることができ、より生産的になれる。

変化の出来ない会社は必要とされません。ですから、会社の体質として社内から出た意見を吸い上げて改善していくという仕組みを徹底しています。

人間の一生にはコンクリートの壁にぶつかるような思いをすることが2度や3度はあるものだよ。そういうときに自分にはとても乗り越えられないとへこたれる人が人生の敗残者になる。コンクリートの壁にぶつかったら、かまわないからそれに沿って、動物園の虎のように往復していなさい。そうしていれば必ずネズミの穴ぐらいはあるものだ。その穴を丹念にはがしていけば、人間がくぐれるくらいの穴になる。だから君、これくらいのことにへこたれるなよ。

敵の少ない隙間の商売に徹してきた。思い切った戦略はサラリーマン社長が簡単にマネできるものではない。

ページの先頭へ