知識賢治の名言|甘えやしがらみからどう脱するかがビジネスパーソンとして成功するかどうかを分ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の将来のキャリアを考える時、ついつい甘えが出たりしがらみにとらわれそうになることがあると思います。でも、最終的にはそこからどう脱するかがビジネスパーソンとして成功するかどうかを分ける。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「ルーチン化できることは、ルーチン化してしまうこと」が重要です。無意識のうちに手が動くようなルーチンワークにしてしまえば、いちいち意識や意欲を起こさなくても着手できるわけです。

僕らのようなベンチャー企業は、人・モノ・金のうち人しかない。会社を成長させるためには、人を成長させるしかない。

私は緊張と不安が湧き上がったとき、自分自身に言い聞かせた。「私でなければ、誰がやるの? いまでなければ、いつ?」と。

私はいつも「すぐやる・必ずやる・できるまでやる」と社内に言い続けています。目標を達成するまで諦めない。

備えだけは怠らず、新しい波が来たときにそれに対応できるだけの自己資本の充実を、今のうちにしておこうと考えています。

成功事例を共有することはネットワーク全体の発展につながる。

これまでは思い切って飛べるジャンプカが必要な局面だった。いまの経営陣は、何も考えずにスマホヘと突き進めるメンバーだ。この状況ではベストだが、事業が落ち着いてくれば、また違ったタイプが必要になるかもしれない。自分を含めて適材適所でやっていく。

ページの先頭へ