知識賢治の名言|理想像を紙に書き出す

このエントリーをはてなブックマークに追加

紙に書き出すことによってイメージする自分の像が鮮明になり、余計なことがそぎ落とされシャープになります。書き出す過程で「頭で思っていたことは、こういうことだったのか!」といった発見もできます。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

差別化というと、多くの社長はまず中身で差別化しようと考えがちです。中身で差別化すること自体は私も否定しません。しかしそれは二の次、三の次で構いません。何よりもまず目で見えるところを差別化すること、それが大切です。差別化は目で見て認識できなくては駄目です。これは他社との競争の基本です。

以前は手帳にワクワクする予定を緑色のペンで書いていました。朝の読書も仕事も、普通の人には黒色かもしれませが、私にとっては緑色です。勉強や仕事は、自分が成長するための時間なので、楽しまないのはもったいありません。

リスクと正しく向き合うスキルを身につけたおかげで、乾坤一擲の勝負に際しても、大きな失敗を犯さずにキャリアを重ねることができました。

相手に投げられた時に、純粋に「悔しい」という思いが今も湧いてきます。それは「まだうまくなりたい」「強くなりたい」という成長意欲の表れだと思っています。

整然となど無理。みんなが積極果敢に入り乱れて工夫を施し、競争していくしかなかろう。

締め切りやアポの予定、電話の内容を書き留めたメモや、次の単行本の構想まで、すべて一冊のノートに記録しています。自分が何をしたか、これから何をしなくてはいけないかは、ノートを見ればすぐにわかります。

グローバルファームではなぜ即断即決ができるのか。それは権限が明確だからでしょう。中には一人の独断では決められず、複数人による協議が必要になる案件もあります。株主への説明責任が必要になる高額案件です。そうした案件については「いくら以上の投資案件」とルールが定められています。しかし、裏を返せば、それ以外のものは現場に権限があり、即断即決できます。

ページの先頭へ