諸井貫一の名言・格言|企業がピンチの時こそ大胆な改革のチャンス

過去における経験から考えて、競争が激しく市価の安いときほど進歩がある。技術でも経営でもそういうときにはいろいろ工夫や改良をして対抗するし、また行きがかりや習慣を捨てて何でも実行しやすいのである。それゆえ私は常に不景気にいかに処するかが経営の値打ちの分かれるところで、不況を乗り切るものは必ず成功すると考えている。不況に際しては、不況をありのままに受け取って、みんなでこれを合理的に克服することである。

諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

スペシャル(個別客への特別な対応)の積み重ねが、ある日スタンダードになる。それがレストランやホテルをスキルアップしていく。スペシャルのできないところに進化はないんです。今日はそのお客様にスペシャルのサービスをすると、その方は絶対に嬉しいんです。喜ばれるわけです。すると、それを見たスタッフは「こんなことでこんなに喜んでいただけるんだから、今日来るお客様にあと三組くらいサービスできないかな」というようになっていく。その繰り返しなんです。

高橋滋の名言 格言|お客様に喜んでもらえた経験の積み重ねがスタッフとお店を進化させる


存在感があるのとないのとでは、人間が認められるのと認められないのでは、ずいぶん違います。認めてもらえないと、やっぱり楽しくないじゃないですか。野球だって、ただやっているわけじゃなくて勝ちたいでしょ?ビジネスも全く同じです。

中島武の名言 格言|人から認められる仕事を目指す


良いアイデアの生まれるのは、儲からなくて何とかしようと苦しんでいるときである。だから私は、儲かることをあまり喜んでいない。

早川徳次の名言・格言|良いアイデアは厳しい状況から


世界の冠たる商人たちは、決して「ギブ・アンド・テイク」などとは言わない。彼らのモットーは「テイク・アンド・アスク・フォーモア」である。つまり取ったうえで、「さらにもっとよこせ」というのである。これなら儲かる。

藤田田の格言・名言|ギブ・アンド・テイクは儲からない!?


電電公社が民営化され日本電信電話(NTT)となったとき、公社時代から口酸っぱくして意識の変革を職員に言い続けた。私から見ればまだまだだが、民営化後のNTTの評判は概して良いようだ。この中で、私は次々と子会社を設立した。将来性はあるがリスクの高いものを、お客さんからいただいた料金でやってはいかんと思うし、そうかといってNTTが国鉄のようにならないためには、新しい分野へ挑戦しなければならないからだ。

真藤恒の名言 格言|常に新しい分野へ挑戦すること


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ