糸井重里の名言|プロジェクトを進めるために何よりも大切なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトを進めるために何よりも大切なのは、トップが「現場に立って」動くこと。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

不良品の対策を終えたあと、会社には1ドルも残っていなかった。しかし、それよりもはるかに大切なものが残った。それは世間の評判だ。
【覚え書き|創業当時に大量の不良品を無料交換したことを振り返っての発言】

自分が何に向いていて、何をすれば周囲に認めてもらえるかを一生懸命探していれば、必ず仕事のチャンスはくるし、そういう人のところに運も巡ってくるんじゃないでしょうか。

エンジニアは「見えている欲求」よりも奥深いところにある真の人間社会の欲求を満たすソリューションを提供しなければならない。「人間の本質的な欲求を満たすためにどう使うか」という観点での技術革新を進めるべき。

私がウォールストリートに足を踏み入れたころはひどい景気で、まるで掃きだめのようだった。しかし、私は利益を出すことができたし、やがてウォールストリートの景気はよくなり、今では誰もがそこを目指すようになった。

株価が50%下落してもパニックに陥らないこと。そういうときにこそ、ありがたく買うこと。

スタッフへの接し方を変えたきっかけは、人が辞めてしまい社員の入れ替わりが激しくなって経験の蓄積ができず、いつまでたっても組織が安定しなかったことです。

大切なのは、科学技術を巡る興味や疑問に出合ったら「文系だから」「素人だから」という安易な色分けで遠慮せず、とことん自分の疑問にこだわってみることです。そしてそれを他の誰かと議論したり、ツイッターなどのソーシャルメディアで、他の人の思考とつながってみる。それは知的で、スリリングで楽しいことでもあるはずです。

コミュニケーションの上手な人は、自分の話し方がうまいのではなく、相手が自分の言葉をどう受け止めているかを読む能力に長けていて、相手の受け止め方のタイプによって自分のコミュニケーションを柔軟に変えられる人なのです。「コミュニケーション力=発信力」というのは誤解で、メッセージを受容する側の多様性を理解する力こそ、重要なのです。

前例のない困難なことに取り組む際は、ブレないビジョンと危機意識が人に強い力を与えます。だからこそリーダーになる人に強い危機感を持ってもらわないといけません。

この業界は、お客様の声を聞くフェーズには最も優秀な人材を充て、ソフトのつくり込の部分は単価の安いプログラマーにつくらせるという分業制が普通ですが、当社はここを一貫して行っています。分業スタイルだと問題が生じるからです。お客様に接する最も優秀な人間が、「こうしたら素晴らしい」というデザインを描いたとします。しかし、それをつくる人間が自分ほど優秀でない場合、「現実的には無理かな」とつくり込の部分で妥協してしまうのです。

ページの先頭へ