スティーブ・ジョブズの名言|わくわくしない。何かピンとこないんだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

わくわくしない。何かピンとこないんだ。
【覚え書き|担当者のアイデアを却下したときのコメント】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

三井不動産では「&」マークの精神を我々グループのフィロソフィー、企業理念としています。社会に様々な価値観が存在する中、それらの価値を対立的に良い悪いととらえるのではなく、互いに価値あるものとして認識し、共生共存していきながら、常に新しい価値を独創的に創造していくことを目指しています。

都知事として初めて編成した予算案を発表しました。ここで心がけたことも「メリハリ」。無駄は徹底して排除する一方、必要な施策には思い切って予算を配分しました。

自分はリーダータイプだと決めつけて、部下のときに中途半端なフォロワーシップしか発揮できない人は経営者に向いていません。自分に求められていることがよくわかっていないから、リーダーシップもおかしな方向に発揮して失敗するんじゃないでしょうか。

絶対にやってはならないのは、自分の会社を過信することです。自分の会社に誇りを持つことは必要ですが、それが慢心になってはいけません。

平均点思考が通用しなくなってきています。業界全体がよくなったり悪くなったりするのではなく、たとえば業界全体のパイが1割減るとしたら、業界を構成するすべての企業が売上を1割落とすわけではありません。業界全体の趨勢とは別に、売上を伸ばす企業もあるのです。すると、何年かの間に下位企業から脱落していくことになるでしょう。勝ち組と負け組との二極化現象が進むのです。

私の少年時代は、むしろ小僧時代という呼び方が当たっているかもしれない。家運の傾いた家に育った私には、幼い時の楽しい思い出は少なく、苦労の思い出だけが多い。

大企業同士のビジネスだと、1つのプロジェクトに携わる担当者の人数が多く、キーマンが分かりにくいケースがあります。社内向けのプレゼンでも、派閥がいくつかあるようなら要注意。ある派閥の人が提案すると、敵対するこちらの派閥の上層部が必ず潰す、といったことがある。プレゼンの前に、誰がキーマンで、どういう派閥があるか、探りを入れ、情報を仕入れておくことが大事。

ページの先頭へ