スティーブ・ジョブズの名言|わくわくしない。何かピンとこないんだ

わくわくしない。何かピンとこないんだ。
【覚え書き|担当者のアイデアを却下したときのコメント】

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

清潔さには「やり過ぎ」ってない。きれいな店に悪い店はない。

遠山正道の名言|きれいな店に悪い店はない


当社のコンサルタント向けの研修プログラムでは、会議の研修は上級に位置づけられています。「ものごとを整理できる」「わかりやすく話せる」「人の話を聞ける」といった能力があってはじめて、質の高い会議ができるようになります。

斎藤岳の名言|会議はよい訓練


選手が妥協したり、道場にゴミが落ちていれば練習中であろうが皆の前で叱ります。学生時代の人間教育が、自分で考えられる選手を育てることにつながる。

栄和人の名言|学生時代の人間教育が、自分で考えられる選手を育てることにつながる


僕が推奨しているグローバル人材育成法は、プロジェクトを海外に出してしまうこと。例えば、システム開発は日本でやらずに、シンガポールや香港、アメリカで行う。リーダーを外国人にして、日本人の部下をつけて、日本のシステムを作る。競争力の問題もありますが、グローバル人材を育成するのは、このくらいやったほうがいいと思っています。そういう時代が、もうすでに来ているんです。

程近智の名言|グローバル人材を育てるには


主軸の有線放送事業の営業戦略について自分なりの仮説を持っていました。それを社内での議論を通じて検証を重ね、現場に落とし込みやすいようファインチューニング(微調整)を行い、全国展開しています。

中村史朗の名言|仮説を立て、現場に落とし込みやすいよう微調整することの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ