スティーブ・ジョブズの名言|わくわくしない。何かピンとこないんだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

わくわくしない。何かピンとこないんだ。
【覚え書き|担当者のアイデアを却下したときのコメント】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

根っこが共通なところで開発して、みんなで分けて使うのが当社の強み。

結果的に冒頭部分を最後に書くことになっても構いません。無理して最初から書き出すより、ずっと早く文章が完成するはずです。

必要なスキルを一気に身につけるというのは無理です。スキルは一朝一夕に磨けないので、時間をかけてひとつひとつ身につけていくしかない。たとえば30歳で留学することを目標にTOEICで800点取ると決めたら、カラオケやゴルフの回数を減らしてコツコツやっていくしかないと思います。

大事なのは、プライドを捨てて、相手に順応すること。そうしてこそ、信頼関係が生まれます。「プライドを捨てる」と言うとネガティブに捉える人がいるかもしれませんが、プライドが柔軟性や可能性を奪うことは意外と多いんです。それは交渉の席だけに限りません。

様々な価値観の共生共存の実現が、新たな視点や発想、工夫を生み出し、知の創造につながっていきます。それこそが、イノベイティブな状況を持続的に生み出すのではないかと思います。

居酒屋は労働時間が長くなりがちです。だから少しでも働きやすい環境、楽しい職場にしてあげたい。実際、うちでは昔から働いている子が多いんです。極意は、自主性を重んじること、とりあえずやらせてみることです。

売れない営業担当者は、自分が行きやすいところばかり訪問して本来獲得すべき顧客、ロイヤルカスタマーになりうる顧客のところを訪問しない傾向がある。それが許されているのは、営業部門として、こういう会社をターゲットにしようという認識が共有されていないからだろう。まず注意したいのは誰を顧客にするかという点だ。

やるべきことをやるしかない。

成功の最大の原因は、メンバー全員が自律していたことです。一人で何もかもやろうとする自立ではなく、自分を律する自律です。

自分の強みを少し変えるだけでも、成功する場合もある。

ページの先頭へ