スティーブ・ジョブズの名言|わくわくしない。何かピンとこないんだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

わくわくしない。何かピンとこないんだ。
【覚え書き|担当者のアイデアを却下したときのコメント】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

負のイメージを背負う企業は、社会との関わりを深めて信用を勝ち得ねばならない。

孫子も言うように、撤退もまた生き残るための有効な戦略だと心得てかかりたい。情勢は常に変化している。チャンスはまた来る。形勢不利だと見極めたら、無理をしないでひとまず撤退し、戦力を温存し力を蓄えながら情勢の変化を待つべきなのだ。

しなやかに問い続け、問題から逃げないこと。キャリアや価値観を絶対化、標準化せず、柔軟に、しなやかに考えなくてはいけません。つくった地図を歩いてみたら、そこに描かれていない別の道に美味しそうな木の実を見つけた。そうしたら、そちらへ歩いていくことを柔軟に判断すればいいのです。

よく聞かれるんだけど、漫画を描くのに苦しんだり悩んだりしたことが一度もないんだ。「ギャグ漫画は同じネタが二度と使えないので、きつくはないですか」なんて聞かれても、辛いことなど何もなかったからまったくピンとこない。

言葉を文字どおりに受け取る前に、「この人はどんな意味でこの言葉を使ったのだろう」と考えるクセをつけることが大切です。相手の表情や口調、日ごろの口ぐせ、よく語るポリシー、性格などを判断材料にして、想像を膨らませてみましょう。この力を磨き上げると、会議の席でも優秀なファシリテーターとなれるでしょう。紛糾していた場も、発言者の真意が明らかになれば活路が見つかることが多々あるからです。

可能であることを証明することはできるが、不可能であることを証明するのは不可能。なぜなら、みんなが「不可能だ」と信じていても、本当はまだ試していない方法があるかもしれないから。

残念ながら、日本の企業では、上司や先輩に褒められることはあまりありません。成果を他人に認めてもらって褒められるのを期待するのではなく、自分で自分の成果を認めることがポイントです。その「成果」の中の一つでも、上司や先輩に褒められたら儲けものなのです。

ページの先頭へ