スティーブ・ジョブズの名言|君たちができないと言うなら、できるヤツを探すぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

君たちができないと言うなら、できるヤツを探すぞ。
【覚え書き|「時間的に難しい」と言った広告担当者に対して】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

良質な型をうまく踏襲しましょう。ネーティブからのメールをコピペして応用したり、上司や先輩に添削してもらったりできると理想です。

私は自己啓発書を読むと「この人が成功したのだから、私にもできないはずはない」と根拠なく信じられるタイプです。自分のメンタルを支えるために、読書の全体の2割は自己啓発書を読むようにしていました。外資系金融機関には、私より頭のいいアカデミックスマートが大勢いましたが、専門書ばかり読み、自己啓発書のようなものをバカにしていた人は皆、途中で挫折して去っていきました。

最も幸せな瞬間は、店頭でのデモンストレーションや顧客とふれあうこと。
【覚え書き|晩年に語った言葉】

個人も企業も、過去に成功体験があると、それにしがみついてしまう。順調な時ほど長期的展望に立ち、最適化モデルをアップデートして挑戦を続けることが、次の成長につながる。

今や日本の女子卓球界は、海外の大会に20人も参加する世界でも群を抜く存在です。確実にメダルを狙える代表を目指して、若い選手が次々に出てくる好循環が生まれています。こうした状況は一朝一夕に生まれたものではありません。日本卓球協会や日本オリンピック委員会(JOC)、文部科学省などが連携しながら、人材を育てる組織や体制を着実に作ってきたたまものです。

業界1位と2位が一緒になるといった、化学業界で起こっているような大型再編が起こらないとも限りません。その時に、きちんと戦えるような形にしておかなくてはならない。

私は、ビジネスで最も強いのはハングリー精神だと思っていました。でも違いました。人にとって、感謝ほど強いものはありません。それがパワーの源となり、結果としてスーパーホテルのアイデアに結びついて、お客様や地域のために取り組んでいくことができた。

目を通したビジネス書のなかで特に印象に残ったのが、「部下は上司の鏡」という言葉でした。その言葉の説明には、「部下が動いてくれないのは、上司である自分の言動に原因がある。部下にどうこう言う前にまずは自分を見つめなおすべきだ」と書いてありました。この言葉に照らして考えてみると、生徒が集中して練習に取り組んでくれないのは、私が立てた練習メニューに原因があることに気付きました。

もともと肉や魚が苦手だったんですが、フランス料理をつくる以上、さばいて味見をしなければなりません。これを一生の仕事にするのは無理と悟りました。ただ、フランス料理の一環でデザートづくりも勉強し、お菓子だったら、自分がやれる範囲でつくることができると気づきました。
【覚書き|フランスのホテルリッツ内にある料理学校エコール・リッツ・エスコフィエで学んだ当時を振り返っての発言】

私の全生涯を通じて、公式の組み合わせや図表や経営理論によって自分の会社を経営しようとした最高経営者にはいまだかつて出会ったことがない。逆に、ハイスクールも出ず、経営理論など全然読んだことがないのに、私の見たところでは、自分の事業を運営する術を完ぺきに心得ている人々に大勢出会った。

ページの先頭へ