スティーブ・ジョブズの名言|君たちができないと言うなら、できるヤツを探すぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

君たちができないと言うなら、できるヤツを探すぞ。
【覚え書き|「時間的に難しい」と言った広告担当者に対して】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

適性を生かすために、仕事をどのように選べばよいのか、決まったマニュアルみたいなものはないですよね。何となくたどり着いたという人もいるでしょうし、最初からやりたい仕事に就けた人もいるでしょう。

「面白いですね」「毎週観ています」といわれても、「そんなこといったって、飽きれば観なくなるでしょ」とすぐ思ってしまう。僕自身がそうですから。それだけに、「視聴者はいついなくなるかわからない」という危機感は、つねにあります。

接待にしろ何にしろ、予算が少ないって嘆く人が多いですよね。でも、そういう人はお金があっても駄目だと思います。予算がデカすぎてさぁって、今度はお金があることを言い訳にしますよ。

目の前に立ちはだかる困難や意見の相違は、そのときは悲観材料かもしれない。けれど、逆にいえば、それを取り除きさえすれば、もしかしたらこの人もサポーターになってくれるかもしれない、いつかは協力をしてくれるかもしれないという、楽観できる未来に結びつける方法でもあるわけですよね。どちらと考えるかは、自分の意志次第だと思うんです。

今の社名は、お察しの通り童話の『ガリバー旅行記』が由来になっています。実は、あの童話に出てくるガリバーというのは、別に巨人ではなく普通の人なんですよ。標準サイズの、どこにでもいそうなサイズの人間でした。ただ、たまたま小さな人たちの国にたどり着いてしまったから巨人扱いされてしまっただけであって、彼が巨人の国に行くと、今度は小さな人になってしまう。私たちの会社もそうだな、と感じたのです。地方で一番になって巨人のように見せかけても、その本質は変わらない。そうではなくて、目標は大きく掲げるけれど、達成したからといって驕ることなく謙虚な気持ちを忘れないようにしよう、そう思って社名を直前に変えたのです。

関心のあるものは見える。関心のないものは見ているようで実は何も見えていない。街に一歩足を踏み出せば、さまざまなものが目に飛び込んでくる。常に自分に課題を持って見れば、それが単なる物体ではなく、何かしらの情報を発していることに気がつくはずだ。ビジネスにおけるヒントというのは街中いたるところにある。

いま、私はグループ年商100億円を超える企業の社長です。が、お金がなかったころのほうがいまよりも楽しかった、といい切れます。強がりでも結果論でもなく、お金がないときのほうが本当に楽しかった。なぜなら「これから、どうやってお金を稼ごうか」「どうやってお金を殖やそうか」と考えるのが何よりも楽しかったからです。私は現在でも、会社の業績をもっと伸ばそうとしていますし、それはそれで楽しいことです。しかし、ゼロから事業をスタートして、軌道に乗せ、加速しながらステップアップしていくときの充実感は格別です。一日ごとに成長を実感できる喜びは何よりも素晴らしい。

ページの先頭へ