スティーブ・ジョブズの名言|君たちができないと言うなら、できるヤツを探すぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

君たちができないと言うなら、できるヤツを探すぞ。
【覚え書き|「時間的に難しい」と言った広告担当者に対して】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中には、美味しいけど出前をやっていなかったり、出前しても近所だけという飲食店がたくさんあります。それらの店と契約して料理をお届けできれば、お客様に喜んでいただけるはず。そう考えて、有名店にお声がけしました。

会社の悪しき慣習を打破するには、ルールに逆らうことも必要かもしれませんが、時と場合によりけりです。普段はそのルールに沿って行動したほうが、ものごとが上手く進みます。その使い分けができる人なら、どの会社でも求められると思います。

ストレスを抱える人が多いといわれる時代ですが、ストレスが生じる理由のひとつに、高望みしすぎるということがあるのではないでしょうか。バラ色のストーリーを描きすぎるということです。ものごとは9割方うまくいかないものだと考えればいいのです。うまくいかなくて当たり前だと思えばこそ知恵も出ます。A案が駄目ならB案、C案でと用意する。A案だけ考えて、うまくいくはずだと思うから、駄目だったときに打ちひしがれてしまうのです。

私が使っているのは、博文館新社の2年手帳だ。1年手帳は翌年の3月くらいまでしか予定を書く欄がないため、年の後半に入ると1年先の予定を書き込めなくなる。一方、2年手帳を1年交代で使えば、年末になっても翌年末の予定を書き込める。

忙しくて読書の時間が取れないという人もいますが、読書をしないビジネスマンは論外です。1日1時間の読書タイムも捻出できないようでは、文章力以前に、仕事力に大きな問題があると言わざるを得ません。読書は人生を豊かにするために欠かせないものです。表現力の問題は脇に置いたとしても、本を読む時間は確保すべきでしょう。

マスコミは20代、30代前半の若い成功者ばかりをとりあげますが、社会で成功した人のほとんどは、40代や50代になって花開いています。だから自分の可能性をあまり早く諦める必要はありません。遅咲きでもいいから、最後に成功者になればいいんです。

手帳のサイズ選びは単純だ。外勤などで持ち歩くことが多ければ、小さいに越したことはない。しかし、書いて読むのが手帳の使い方なので、ある程度の大きさがないと使いにくい。内勤にせよ外勤にせよ、文庫サイズ、新書サイズが最小と考えたい。

ページの先頭へ