スティーブ・ジョブズの名言|アップルは世界最大のスタートアップ

アップルは世界最大のスタートアップ(できたばかりの企業)だ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が創業当初から描いていた夢のひとつは、輸出によって海外へ進出することであった。社名の「三洋」も、太平洋、大西洋、インド洋になぞらえたものである。

井植歳男の名言|創業当初から海外を目指す


お客様からクレームを受けたとき、受けたスタッフがそのクレームをどう考えるか。言われた内容から何を発想するか。お客様の気が収まればいいというような、その場限りの対応にとどまるのではなく、そのクレームから何かホテルの競争力を高めるヒントを引き出せないかと考えることが、会社にとってはとても重要。

星野佳路の名言|クレームから何かホテルの競争力を高めるヒントを引き出せないかと考えることが、会社にとってはとても重要


相手に心を開いてもらうには、まず安心感を与えなければならない。そして、途中で態度を豹変させてはいけない。この人とは相性が合う、この人の話に共感する、と思われなければ本音は出てこない。

泉谷直木の名言|相手の本音を引き出すには


「言いだしっぺ」は基本的に楽観主義でないといけません。バラ色の夢を描き、周りを引き込むのです。

千本倖生の名言|ビジョンを語る人は楽観主義で


「専門家はしばしば理路整然と間違う」という格言が昔からあります。他人のささやきで動くのではなくて、自分の眼力を養い信じることの方がよほど役に立つはずです。

櫻井英明の名言|他人のささやきではなく、自分の眼力を養い信じることが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ