スティーブ・ジョブズの名言|アップルは世界最大のスタートアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルは世界最大のスタートアップ(できたばかりの企業)だ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕の仕事の大半は、考え、そしてそれを表現すること。可能な限り多くの視点から物事を捉え、ふと浮かんだ言葉やアイディアをとりあえず紙に書いてみる。当たり前のことですが、その文字の最初の読者は自分です。紙の上に生まれた自分の肉筆をかみしめ、自分の思考を確認する。僕はこの時間をとても大切にしています。

コカコーラもネスレも、ソニーもアップルも、P&Gも花王もロレアルも、フォルクスワーゲンもホンダも、世界に名だたる消費財メーカーは、マーケティング努力の大半を顧客との交流の場(ブランド)をつくることに注力してきた。

担当者全員に新たな提案を毎週提出させ、アイデアなしの提案書には手書きで「バカもん!」と書き込んで返送し、「担当分野及び周辺からまず徹底的に勉強せよ」と檄を飛ばしました。このファックスは「ペーパー爆弾」の異名を頂戴しましたが、製品の用途別に集中すべき調査、研究範囲が明確になって生きました。

旅路の果てのどん底の生活。私には、人間がどんなこともできる。いかなる悲惨、困窮にも耐えられる強い忍耐心を天から授かっているように思えてくる。いよいよ食えなくなれば、往来へ大の字に寝転んでやろう。3日ぐらい食わずとも死ぬこともあるまいと、私はこのどん底の生活に、すっかり捨て身になっていた。
【覚書き|20代に無一文で大陸を放浪していた時代を振り返っての発言】

仕事を速くするためのコミュニケーションのポイントは、「相手の求めているもの=ニーズ」をしっかりと把握することです。たとえば、あなたが上司から資料の作成を指示されたとします。そこでパワーポイントを駆使して何十枚も資料をつくり込み、そのために残業までして頑張ります。ところが、いざ上司に提出したら、「ここまで詳しい資料はいらないのに」といわれてしまった……。こうした事態が起こるのは、相手のニーズを把握していないから。「相手のニーズを知る」ということは、「自分がやらなくていいことを知る」ということです。それさえわかれば、自分の時間をムダな作業に費やすこともなくなります。

投資なんて安く買って高く売るだけのこと。どんなに立派な理論やテクニックを学び、精緻な業績予想を立てたところで、暴落相場の安値を買えなければ話にならない。そう、暴落相場を「待ってました」と買えるかどうかだよ、大事なのは。

私たち一緒に仕事をしていた若い人26人で本を読むことにしました。26人全部が1年頑張れば、26年間勉強したのに匹敵する。そうすれば深井さん(深井英五 日銀総裁、世界金融の専門家)に追いつくこともできる。こういうことで共同で一生懸命頑張りました。
【覚書き|日銀で外国為替管理の部署にいた当時を振り返っての発言】

ストーリーがわかりやすく面白いものであれば、スライドなどの視覚的な補足がなくても、聴衆にはきちんとメッセージが伝わるものだ。

医薬品産業は、他の産業以上に長期的な視点が重要です。「血栓症」「糖尿病」「癌」「自己免疫疾患/リウマチ」の4領域を研究開発における重点疾患とし、まだ製品になっていないものも含めて、8年後までに世界トップクラスまで強化したいと考えています。

「話が長い」と思われる人の話し方には、共通点があります。一つの文章が長く、また「~ですけれども」「~なんですが」といった否定的な接続詞でつながっていること。

ページの先頭へ