スティーブ・ジョブズの名言|アップルは世界最大のスタートアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルは世界最大のスタートアップ(できたばかりの企業)だ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

始業前の時間は、社内の誰よりも早く社内外の情報を入手できる貴重な時間です。誰よりも先に情報を取ることは、仕事をする上で有利です。ネガティブな情報であればなおさら事前に察知することで、上司に指示される前に対策を練っておくことができます。早朝は他部門の上司から電話がかかってくることも多く、社内外での動きを察知するのにも格好の時間です。

起業して一番最初に取り扱った商材は、家業で扱っていた売れ行きが芳しくない「霊芝ドリンク」。雑誌に無料サンプル配布の広告を出したり、アンケートを取ったりと、試行錯誤を繰り返す中で、一般消費者ではなく、卸し先の薬局や酒販店の方々がこのドリンクのファンということが分かったんです。そこからはターゲットを絞りつつ、販売結果から得た様々な数値をもとに仮説と検証を繰り返しながら、細かなチューニングを施していきました。結果、数年後には年商3億円強を売上るまでになりました。

たとえば「刑法犯の検挙率は80%」と報告されると、何となく成果があったように感じますが、そこで納得するのはセミプロ。一言で検挙といっても、刑事が捕まえたのか、市民が捕まえたのか、それとも自首してきたかで話は全然違ってきます。企業においても、売り上げや利益を報告された際、何を根拠にした数字なのかを確認し、数字の内容と重みに考えを巡らさなければなりません。

私は、入社直後に人事厚生課に配属されて給食係をしましたが、くさりかけた私に当時の上司は「現場に行ってごらん。何か感じるものがあるから」と声をかけてくれました。社員食堂に通って見つけた課題にも聞く耳を持ってくれました。「新人が偉そうなことを言うな」と一蹴されていたら、とっくに会社を辞めていたでしょう。

人間はやはり物欲を持たなくてはいけない。物欲が衰えたときは、生命の弱まったときだ。

人はつい、より高級なもの、言うなれば、分不相応なものに手を伸ばしてしまいます。たとえば住宅の場合、3000万円の家なら自己資金と無理のないローンで買えるのに、背伸びして4000万円の家を買ってしまう。その結果、ローンの支払いが苦しくなったりします。もちろん、4000万円の家のほうが設備が整っていたり、交通の便がよかったりということがあるでしょう。しかし、つい背仰びをしてしまう心の内では往々にして、そのも自体がどうしても欲しいというよりも、そうした高級なものを手に入れることで「自分のグレードを上げたい、自分の価値を高めたい」との欲望が働いている場合が多いのです。これもまた「慢(自分の評価への執着)」の煩悩のなせる業です。

私があの本(『ストーリーとしての競争戦略』)で言いたかったのは、あらゆる競争戦略は「ストーリー」という思考様式でつくられるべきだということです。「ストーリー戦略」といった新しい戦略論のカテゴリーを提示するものではそもそもない。競争戦略の本質をストーリーとして考えるという「戦略ストーリー」の本であり、「ストーリー戦略」の本ではないのです。

ページの先頭へ