スティーブ・ジョブズの名言|アップルは世界最大のスタートアップ

アップルは世界最大のスタートアップ(できたばかりの企業)だ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

指揮の本質は意志の強制です。自分がこうしたいと思ったことを部下に「やれ」と命じてやらせること。しかし、部下は上司に命令されたからやるとは限りません。「この人の言うことならやろう」「あの人の命令は聞きたくない」というのは、人間として当然あることです。だから指揮官、つまり上司には、部下に「この人の言うことはやらなくてはいけない」と思わせる能力がなくてはならない。それが統御です。統御の裏づけがあって初めて意志の強制、つまり指揮が出来るということです。

「世の中で一番好きな唐揚げで何かしたい」という動機を持ち、面白いことをコツコツと一生懸命に取り組んできたら、1万5000人の会員数になった。

部下から信頼を得ていれば、きつい言葉で叱っても相手はしっかり受け止めてくれます。しかし、近くを歩いているおじさんにいきなり同じことを指摘されたら、たとえ正論でもカチンと来ます。発言内容は関係ありません。敵をつくるかどうかは、信頼関係次第です。

正直言って、自分が置かれている状況下で常に科学的なリテラシーを機能させられるかというと、そうはいかないでしょう。今のところ僕がやっているのは、既に起きているニセ科学の実例、典型例をいくつも見ていくことです。そこから、次に何か新たな怪しいものが来た場合に、どう対処したらいいかを学ぶしかないだろうと。ある程度たくさんケースを見ていれば、何か出てきた時に、あれと似ているなというのは分かるだろうと思うんですね。それしかないのかなと考えています。

事前によく考え抜いている人は、悪い結果が出る前に自分の組み立てが崩れてきていることに気付くので、そこから学びがあります。始めにきちんと絵を描かない人は、どこから崩れて、何が崩れたのか分かりませんから、半年から1年も経つと何をしたかったのかすらも分からなくなってしまう。

私は2年間、ラテン文化の中で仕事をしてきた。そこで感じたのは、現地スタッフの底抜けの明るさ。と同時に、自分のやりがいを見出したときのコミットメントの強さだ。そんな彼らに、リーダーの条件を問うと「シンパチコ」という言葉が返ってくる。ポルトガル語で、親しみやすいという意味だ。人気のあるリーダーは、一段高い台の上から旗を振るのではなく、下に降りて、社員の手を握り、肩を叩き合う。私もそうなろうと心がけてきた。

深く心を知り合った人と一緒にいる場合でも、他人のいる前で、雑談や妄語を口にしてはならない。「三度も考えた上で一つの言葉を発し、九つの事柄について熟盧した上で一事を行なう」というような慎重な態度をとることが必要だ。

自分の目的は、あくまでも仕事で成果を出すことです。英語は手段のひとつにすぎません。そこから発想が変わりました。成果を出すには、お客様とコミュニケーションができればいいんだから、身振りや図、筆談だって使えるじゃないかと。
【覚書き|京セラ時代、ほとんど英語が話せない、海外に行ったこともない状況で海外出張に出された当時を振り返っての発言】

マーケティング理論に必ず出てくる「4つのP(製品、価格、流通、プロモーション)」を結び付けて、一体化させる要がブランドなのです。

善に基づく「不滅の正義」。その「公正な普遍の法則」への揺るぎない信頼が、人生の成功を導く鍵といえます。

部門別採算制度はわりとスムーズに社内に浸透していきました。やはり業績が順調に上がっていったからでしょう。毎月の業績報告会で配られる資料の最後に、年度末の利益予想が出ています。これが月を追うごとにあがってくる。こうなると楽しくなってきます。1年目も2年目も上振れでこれたので、社員みんながその楽しみを知ることができました。初めて数字を追うことの楽しみを知ったといってもいいでしょう。

自社のアピールについては、たとえ実績のある会社でも、その内容を顧客目線から語るのを忘れないようにしましょう。「我が社は世界でもトップクラスです」ではただの自慢にしか聞こえませんが、「世界中に拠点がるので、海外進出の際にはきっとお役にたてるはずです」と、顧客にとっての利点を強調しながら伝えれば、相手もグッと身を乗り出してきます。

仕事に対する真摯な態度だけで仕事がうまくいくほど、世の中は甘くない。だから、雑談で仕事相手との距離を縮める必要があるんだ。「ムダ話は仕事の潤滑油」。これは理屈の話じゃない。もしかしたら、自分の仕事に役立つ情報が耳に入ることがあるかもしれない。

ページの先頭へ