樋口廣太郎の名言_格言|同業他社が真似をしてきても信念をもって戦う

先に作ったからと言って二番手三番手に負けたら、それはうちのビールの味が悪いのだからしょうがないじゃないか。そんなものにぐじぐじ言っていてはだめだ。一番手に作ったものがうまいと思ってんだから、これは売れるはずだから信念を持て。【覚書|スーパードライ開発後、他社がこぞって同じような商品を発売した。そんな中で社員に対しての激励の言葉】

樋口廣太郎 の経歴

樋口廣太郎、ひぐち・ひろたろう。日本の経営者。アサヒビール社長・会長。京都出身。京都大学経済学部卒業後、住友銀行に入行。同行で副頭取まで務めたのち、アサヒビール社長に就任。経営不振だったアサヒビールの再建に着手。半年以上経過したビールの回収やスーパードライ発売、味の刷新など思い切った経営改革を行い経営再建を成し遂げた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

問題解決の基本は「分ける」ことです。分けることで、因果関係の糸も見えるようになり、より具体的な解決策を見出すことも可能になります。たとえば、「子供の成績が悪い」という問題では途方に暮れますが、「割り算が苦手である」という問題なら、解決策はかなり考えやすくなるはずです。

仕事の現場は、厳しいものです。「踏襲」ではなく、「改革」のみが仕事と呼べるのではないか。そういう考えのもと、様々な種をまくために、全社員の1割を研究開発部門に充ててきました。

独創的な発想でオンリーワンを貫き続ければ、ナンバーワンに近づける。

会議はなるべく減らしています。何かを決めるのは、べつにメールとかLINE上でもできるので。いわゆる定例会議はなるべくなくしています。

仕上がりのフォーマットを頭に浮かべたうえで、下調べをして調査や打ち合わせに臨む。下調べをして調査に行き、調査中は、仕上がりのフォーマットを頭に浮かべたうえで、文章の構成を考える。帰社する途中で、文章の中身を考える。これで中身の濃い文書を効率よくスピーディーに書けるようになっていくと思います。

思うようにいかない日々がないと、きっと楽しい明日もないはず。

事業の成功を左右するのは人の能力よりも、自らの企画が消費者のニーズを捉えたかに因ります。つまり、「事業は企画なり」です。なぜなら、いくら社長や社員が優秀でも、事業企画が悪ければその会社は伸びないからです。

ひとつの仕事を進めながら、あるいは休憩を取りながら、頭の隅では常に次に手を付ける仕事のことを考えます。まとまった仕事に取り掛かるときは、その2時間くらい前から仕事の手順やイメージを頭の中で思い描いています。日曜夜も、自宅で土日の間にたまったメールを頭の中で思い描いています。日曜夜も、自宅で土日の間にたまったメールの返事を書きながら、漠然と明日からの仕事を考えていたりします。その準備期間がないと、スッと切り替わらないんです。

アルバート・アインシュタインは自宅の電話番号を覚えていなかったと言われる。その理由を尋ねられ、こう答えた。「必要がないからだよ。電話帳を見ればわかることだ」。予定事項リストの1番から1000番までを覚えておこうとするのは、現実的とは言えない。いっそのこと忘れるべきことはすべて忘れてしまうのだ。

神戸製鋼はニッチな製品の積み重ねで、連結売上高1兆6000億円の規模に成長した企業です。ひとつひとつの製品の市場が小さいからこそ、自分たちの事業を守り、かつ成長させようという各担当者の使命感、責任感が強いのだと思います。

ページの先頭へ