ピーター・ドラッカーの名言|成果をあげる者は、新しい活動を始める前に必ず古い活動を捨てる

このエントリーをはてなブックマークに追加

成果をあげる者は、新しい活動を始める前に必ず古い活動を捨てる。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

損切りをするにも勇気がいります。もう少し我慢と先延ばしにしているうちに巨額の損につながってしまいます。こうした損が積み重なって、結果として大損したのが10年前の利きでした。いまは徹底的に損を切り、最小限で食い止めています。それができるのも、常に状況を見ているからです。

今までなかったロボット技術を生み出すには新たな価値観を取り込むことが重要と考え、エンジニアの半分を海外から採用しています。東京本社には世界12カ国から多様な教育を受けて多様な価値観を持った社員が集まっています。彼らが化学反応を起こしながらイノベーションを創出することを期待しています。

昔のゲームビジネスはゲームセンターで「コインをいかに投入してもらうか」から始まった。その後、家庭用機器が普及し、ゲームデザインと課金は切り分けられ、当社はそこで成長した。だが現在盛んなオンラインゲームでは、再度「いかに課金を得るか」がテーマとなり、開発と販売が不可分となった。そして遊べる場所もあらゆるデバイスへと広がった。

「閉じこもる」「ぶらさがる」「しがみつく」の3つは日本人の悪い癖です。生き残りのために合併を決めながら、旧会社の経営幹部が何らかの形で新会社に居残るのはみっともない。

潰れそうな会社ではないので「危機感を持て」と言っても社員たちはなかなか持てなかったと思います。にも関わらず「すべてを変えろ」と言われて社長を引き継ぎ、本当にガバッと変えている。普通ではあまりないことなので、戸惑いがあって当然だと思います。

反対があるのは健全なことだ。本当に力のあるアイデアが試されるわけだからだ。

コーチに執念がなければ、熱意が選手に伝わるはずがない。

ページの先頭へ