樋口廣太郎の名言_格言|自社にマーケットインを導入するには謙虚にお客様の声を聴く企業風土作りが不可欠

プロダクトアウトからマーケットインへ。そういった考えを現実のものにしていくためには、常にお客様の声に耳をそばだて、それを謙虚に聞き入れるという企業風土が必要になるでしょう。それにはまず、社員のみんなが礼儀正しく、常に低い姿勢を保つ必要があると私は考えています。そこで私は社員のみんなに、日々の仕事の中で「私も含めて皆さんが礼儀正しい社員になろう。そして常にお客様の声を聴かせていただいて、それを商品づくりに生かしていこう」と訴え続けてきました。

樋口廣太郎 の経歴

樋口廣太郎、ひぐち・ひろたろう。日本の経営者。アサヒビール社長・会長。京都出身。京都大学経済学部卒業後、住友銀行に入行。同行で副頭取まで務めたのち、アサヒビール社長に就任。経営不振だったアサヒビールの再建に着手。半年以上経過したビールの回収やスーパードライ発売、味の刷新など思い切った経営改革を行い経営再建を成し遂げた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

市場の構造変化を考えたり、会社の全体戦略を考えたりする仕事は緊急ではないだけについ後回しにされがちですが、重要度は最も高いので、秘書には最優先でスケジュールに組み込んでもらいます。

運命の女神たちが人間の運命を決定するとき、そこには憐憫もなければ公平感もない。

自分の成長過程を振り返っても、憂鬱なことを切り抜けるたびに大きく成長してきました。半泣きになりながら、痛い目に遭いながら、惨めな思いまでして、何とか仕事をこなしてきました。そんな憂鬱な日々を乗り切ったからこそ、今があると感じています。ですから、憂鬱な日々は、自分にとって決してマイナスではないのです。

会計のプロセスは単にシンプルであれば良いわけではありません。信頼性が担保され、最適化を実現する必要があります。だからこそ、現状がなぜこの仕組みになっているのかを十分に理解した上で効率化を進めるべきだと思います。

「手紙を書きましょう」というと、「書き始めは拝啓でいいのかな?」「時候の挨拶はどうしよう」などと悩む方も多いことでしょう。ところが、夏目漱石をはじめとする文豪たちは、そうした決まりにとらわれることなく、もっと自由に手紙を書いていました。

「どうしてうちの上司は○○してくれないのだろう」と不満を抱いている部下も多いと思いますが、厳しいことを言えば、それは一種の甘えなのです。不満をためこんだり、愚痴をこぼしたりしているだけでは、上司の態度は変わりません。それよりも、部下である自分の方から積極的に上司に働きかけてみてはどうでしょうか。

できる営業というのは、いかにお客様から宿題をいただいてくるかです。お客様から疑問や要望をたくさん聞き出して、それにきちんと応えられてはじめて信頼を勝ち取れるわけです。

人間というものは、面白いものであり、不思議なものであり、必要のない人間というのはいないのである。

まず相手が乗ってくる話題を探ります。そのために、まず質問を投げかけます。そこで、相手の答えに対して「共感」することが大事です。軽いものであれば頷きや感嘆などを、あるいは驚きの言葉や褒め言葉、関心を示す言葉を返します。同意できないことでも、否定や反論をせずに「なるほど……」「そういうことなんですね」と曖昧な頷きを返して、相手がさらに話しやすいように持っていきます。そして、そこからさらに深掘りする質問を投げかけるのです。そうすれば、苦手だと思っていた人の意外な一面が見えてきて、境遇、趣味などで自分との共通項が見つかれば、自分への相手の認識が「身近な人」に一変し、コミュニケーションが取りやすくなります。この間、所要時間はせいぜい1~2分。大切なのは「共感」と「深掘りの質問」です。

映画では、最初に主人公が現れて状況説明がなされます。そしてトラブルが起き、主人公が苦しみ左がら乗り越えることで盛り上がるのが普通です。トヨタ式企画書は、背景の説明から始めて実行計画や結果検証で終わるというスタイルで、映画の定番ストーリーと似た構造。だから読み手が感情移入でき、頭に入りやすいのでしょう。

ページの先頭へ