ピーター・ドラッカーの名言|成果をあげるには、自由に使える時間を大きくまとめる必要がある

成果をあげるには、自由に使える時間を大きくまとめる必要がある。大きくまとまった時間が必要なこと、小さな時間は役に立たないことを認識しなければならない。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ストレスを感じるのは、体が変化に適応しようとしているからだと書いてあったんです。それを知って、私のストレスも、仕事に適応しようと成長している証拠なんだと思えるようになりました。

榎本まみの名言|ストレスを感じるのは仕事に適応しようと成長している証拠


もともと私は楽天家の方で、ものごとにあまりいつまでも拘泥してくよくよする性質ではない。忘れっぽいし、いつも明るく笑っていたい人間だ。

早川徳次の名言|楽天家でいる


私は機会があれば何度でも経営方針の話をします。なぜなら、経営方針というものは、一度聞いただけでは分からず、何回も何十回も聞いて分かるものだからです。

高橋荒太郎の名言|経営方針というものは、一度聞いただけでは分からないもの


経営者と労働者側は、言うまでもなく立場が違う。それゆえ、賃金交渉は必然的に紛糾するものと労使双方が思い込んでいる。しかし、立場をいったん離れて互いの利益に着目してみると、実は労使は意外に多くの利害を共有していることがわかる。そこから、問題解決の糸口が見つかる場合が多い。

田村次朗の名言・格言|交渉の場では利害の一致している部分に着目する


会社の財産は人ですから、多くの人とコミュニケーションをとるように心掛けています。

長谷川正義の名言|多くの人とコミュニケーションをとるように心掛ける


世の中のことは何でも我慢できるが、打ち続く幸福な日々だけは我慢できない。

ゲーテの名言|打ち続く幸福な日々だけは我慢できない


時間をかけて考え抜いたら良い意思決定ができるわけではない。それに多くの場合、意思決定にかけられる時間は限られる。短時間で意思決定を迫られ、結果を出さなければならないのが現実だ。

出口治明の名言|短時間で意思決定することが求められる


投資してくれる方には「目に殺気があった」とよく言われます。クックパッドは時価総額4000億円に達するまでに約20年かけています。それに対して、僕はそのとき、3年でクックパッドを追い抜くと言った。もちろん口だけなら誰でも言えます。本当にそれをやり抜く胆力があるかどうかを見てくれたんじゃないかと。

堀江裕介の名言|本当にそれをやり抜く胆力があるかどうかを見てくれたんじゃないか


同質集団の中では、新しい発想は生まれにくい。

石黒不二代の名言|同質集団の中では、新しい発想は生まれにくい


調べ物をしていて、30分ほどしてわからないことは、そのあと5時間費やしてもわからないものです。すぐにはわからないことを後回しにして、できることからどんどん進むのです。そうしているうちに頭は回りだし、「そうだ、誰それに相談してみよう」「あそこの測定機を借りればよい」などのアイデアが湧いてきます。はじめは虫食い状態だった論文や企画書でも、いつのまにか内容が充実していくのです。

鎌田浩毅の名言・格言|仕事は頭からではなく、できるところから終わらせていく


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ