ピーター・ドラッカーの名言|知的労働者が成果をあげるための第一歩

知的労働者が成果をあげるための第一歩は、実際の時間の使い方を記録することである。時間を記録する、整理する、まとめるの3段階にわたるプロセスが、成果をあげるための時間管理の基本となる。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今日という一日は、明日と呼ばれる日の二日分の価値がある。

ベンジャミン・フランクリンの名言・格言|今日一日は明日二日分と同じ価値がある


時間管理の下手な人は、時間の見積もりをしないまま「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と仕事を抱え込んでしまうので、「とにかく忙しい」「時間がない」と時間に追われることになります。そして、期日に遅れるまで「遅れる」ことが予測できないので、結局は仕事のいくつかを期日に間に合わせることができなくなってしまうのです。

戸田覚の名言|時間管理が下手な人の問題点


人は多くの時間を無駄にしている。誰もが、時間など無限にあるかのように振る舞っているが、実際には時間こそ限りある資源であり、人はそれを上手に活用していない。

ダニエル・カーネマンの名言|時間こそ限りある資源


時間管理は、まず「年」単位でやることを決め、そこから「月」「週」「日」に、より具体的な形で落とし込んでいくのが基本です。したがって一日の計画を立てるときには、すぐにその日のTODOリストに今日やることがリストアップされていなければ本当はおかしいのです。

藤井孝一の名言・格言|時間管理は年、月、週、日の順に落とし込む


人間は、お金はケチるのに時間はなぜかドブに捨てるように使ってしまう。私に理由なく1万円くれる人はいませんが、平気で1時間くれたりします。「タイム・イズ・マネー」の言葉通り、時間とお金は等価。でも時間は目に見えないので、まるで自分が永遠に生きるかのように扱ってしまうんです。

佐藤孝幸の名言|人間は、お金はケチるのに時間はなぜかドブに捨てるように使ってしまう


時間を上手く使うためには、「明日できることは、あえて今日しない」ことが大切なのです。

山西健一郎の名言|明日できることは、あえて今日しない


時は命なり。時計の針は時間を刻んでいるのではない。自分の命を刻んでいるのだ。神はすべての人に1日24時間を与えられた。時間だけは金持ちにも貧乏人にも平等であるが、取り返しがつかない。最大のコストは時間である。24時間働くことは、24時間会社にいることではない。

安藤百福の名言格言|時は命なり。時計の針はあなたの命を刻んでいる


どんな忙人にでも、寸陰というものはある。ちょっとした時間というものは必ずある。そのちょっとした時間をつかむのです。これに熟練をすれば、案外時間というものはあるものです。寸陰を惜しんでやっていると、その寸陰が、長い時間と同じ、あるいはそれ以上の値打ちを生じてくる。

安岡正篤の名言|ちょっとした時間を有効に使うことの重要性


欲しいものは私に何でも言うが良い。ただし、時間以外だ。

ナポレオンの名言・格言|時間は何物にも代えがたいもの


時間をどうやって効率的に活用するのかという課題は、時間が必要になる段階になって初めて現実味を帯びてくるんじゃないかと思うんです。壁にぶち当たることで、時間管理の考え方が一歩前進するんですよね。

佐々木かをりの名言|時間が必要になって初めて、時間管理が現実味を帯びてくる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ