池田千恵の名言|一番大事なことさえできれば、ほかが予定通りにいかなくても大丈夫

一番大事なことさえできれば、ほかが予定通りにいかなくても大丈夫。大事なことを1つに決めるから、実行できる。1つだけでも大事なことができれば、自信がつく。

池田千恵 の経歴

池田千恵、いけだ・ちえ。日本の女性コンサルタント。福島県出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、ワタミに入社。その後、外資系コンサルティング会社勤務を経て、コンサルタントとして独立。主な著書に『朝4時起きで、すべてがうまく回りだす』『ひとり時間で、すべてがうまく回りだす!』『夢が現実化する1枚図解』 など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

銀行はこれまで有能な女性が集まっていながら、活躍の場が少なかった。女性のチームで投資信託を組成し、女性だけで売る「りそな『わたしの力』プロジェクト」などを通じて成功体験を重ね、自信をつけてくれました。女性の退職率は私の就任前に比べて4分の1に下がり、支店長クラスの女性も10人に満たなかったのが90人程度までに増えました。女性の活用の点では、メガバンクより進んでいると思います。

変化はどの業界でも必ず起こります。そのとき新しいことに挑戦できると思える人材をいかに育てるか。それは人材育成の普遍的なテーマかもしれません。

業績評価制度を抜本的に変えました。短期的な成果の比率を9割から5割に引き下げ、残り5割を中長期的な顧客との関係づくりや組織運営、人材育成に振り分けました。

マーケターは、適切な人に、適切なタイミングで、適切なメッセージを送りたいと考えていらっしゃいます。これまでのマスマーケティングではできなかったこの問題を、当社はテクノロジーで解決しています。

いい演奏をする奴なら、肌の色が緑色の奴でも雇うぜ。

僕もも創業当時、お金がなかった時が一番厳しかった。45歳ぐらいまで貯金が1000万円しかなくて、借金が50億円。寝ている時以外はずっと考えるか仕事している。それくらい熱中しないと成功しないし、楽しかった。

体調を整えるには、「毎朝同じ時刻に気持ちよく目覚めること」が何より大切です。

長い間定着している決まり事や規則を変えるのは、確かに手間かかかるし、面倒なことです。しかし、その手間をかけることが、社員に、そして会社に活力を与え、さらなる成長をもたらすはず。

私は若いとき、あるアメリカの雑誌でこんな記事を読んだ。すべて退屈で人に嫌われる奴は決まって自分自身のことをしゃべる。人に興味をもたれるためには決して君自身のことを話題にしてはならない。エジソンのような偉人でも、前夜は眠れなかったというたぐいの話で相手を引きつけることはできないし、君が天国に行ったときには、どうして君がそこに行くことができたかを聖パウロに話すのはやめたがよい。彼はそんな話は聞き飽きている。

今後、生産年齢人口が決定的に減少していくわが国においては、イノベーションを通じた生産性の向上以外に発展の道はない。

ページの先頭へ