ピーター・ドラッカーの名言|やめるべき仕事を見つけるには

すべての仕事について、まったくしなかったならば何が起こるかを考える。何も起こらないが答えであるならば、その仕事は直ちにやめるべきである。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いくら自信のある製品でも、ちょっとした不具合などがいろいろ出てくるものです。そのときに、ダメな営業は「その件についてはテクニカルサービスに」などといってしまう。それではお客様の手を煩わせることになります。ですから窓口は自分一人、最初に「すべて私にお任せください。何かありましたら、いつでも私にご連絡ください」というのです。「私がなんとかしますから」というとお客様も安心してくださり、心をこちらに預けてくださるんですよ。

私たちのつくる空間は、決して自己満足で終わってしまう作品では意味がありません。何よりもエンドユーザーや事業を行うお客さまのことをまずは徹底的に知ることでニーズを的確にとらえ、課題に一緒に向き合うこと。その結果として、空間を訪れる多くの人々の気持ちを満たし、お客さまの事業の発展に貢献するということを常に意識しています。

「大家族主義」で公私とも深く関わりながらも、仕事は完全に任せるのが出光流です。店主(創業者・出光佐三)は「独立自治」という言葉を使います。社員一人ひとりが経営者であるという考え方です。その事業をやっている人が一番よく知っているのだから、すべての判断を任せます。

現場からは開発が間に合わない、原材料費で元が取れないという意見があがるかもしれません。ただ、これはメーカー側の論理であり、顧客には関係のない話です。常に顧客の視点に立って開発者に意見する。私が言う「顧客の代表」とはこういうことです。このように、アイリスは製品の価格決定プロセスが他社と決定的に違います。

実際にはずっと赤字続きだったということはなくて、1990年から1997年までは利益も出なかったかわりに、損失もまったく出てなかったんです。その間は、とにかく依頼のあったさまざまなロボットを作り続け、さらに今度はどんなロボットを作ろうかと考え、とてもエキサイティングな時でした。
【覚書き|創業当時を振り返って】

食べ放題の場合、お客様のストレスになるのが、「出てこない」ということです。焼肉であればお客様が自分で焼くのでいいですが、焼き鳥はそうはいきません。私が個人的に研究したものでいうと、その時間は9分以上。対して通常の焼き方をすると15分はかかってしまう。そこで当社は通常40g~50gといわれている烏を一回り小さい35gにし、オリジナルの電気焼台で焼くことで3分まで短縮したのです。

日本は自由で平等な社会といわれます。ただし、それは経済的に自立しているという前提があってこそ成り立つ。

若い人には、世界で一流の人とつきあうように言っています。日本人だけを相手にしているようでは視野が狭い。仕事の本当の深さを知ることができません。若い人には、ぜひ世界の現場に出て、本物の一流を知ってほしい。

誰もやりたがらないことを率先してやっていれば自然と人が集まります。仕事に限らず、飲み会の幹事やトイレ掃除であっても、自ら実行する姿勢を見せることで、自ずと声を掛けてくれる人、いざという時に助けになる人と繋がります。

だんだんよくなっていくのが一番幸せだと思うんです。これを私は「末広がりの幸せ」と言っています。だから、会社もわずかずつでも確実に成長を重ねていく「年輪経営」がいいのです。

ページの先頭へ