ピーター・ドラッカーの名言|やめるべき仕事を見つけるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての仕事について、まったくしなかったならば何が起こるかを考える。何も起こらないが答えであるならば、その仕事は直ちにやめるべきである。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今もこれからも、日本のエネルギー安全保障に貢献することが出光の使命です。日本にとって石油は最も大切なエネルギーであり、国内の石油事業が出光にとって最も大事な柱であることに変わりはありません。

社風のほとんどはみなさんがつくっています。新しい第一三共の社風をつくりましょう。優れたDNAは持ち込んでほしいですが、良くないDNAがあれば捨ててください。
【覚書き|三共と第一製薬の経営統合時、社員に語った言葉】

本人が幸福化している以上は、不幸はありやしない。幸福というものは主観的断定だもの。

僕が常日頃心がけているのは「ニュースがあるなら表現はしない」ということ。従来の常識を覆す商品が登場したときは、表現に凝るよりも事実をそのまま伝えるのが最大の訴求点になる。

株であれ何であれ、自分で判断して自分の責任において買うべきです。株は自己反省であり、日々、勉強だと思います。

ずるいことをやったり、人を押しのけたりして、地位や財産をつくるのも人間の能力、知能のひとつであります。それを使っていろいろのことができる。できるけれども、そんなことができても、これは人間としては少しも偉いことではない。社会的には偉いかも知れぬが、人間としてはむしろ恥ずべきことであります。何を為すか、何をしたかということと、彼はどういう人間か、いかにあるか、ということとは別である。

褒め言葉は、会話を弾ませる最高の潤滑油です。褒めることによって相手との距離が縮まり、気持ちの良いコミュニケーションを取ることができるのです。

ページの先頭へ