本田圭佑の名言|DNAのせいにはしたくない

自分より上の選手は、自分より努力しているだけ。責任はすべて自分にある。そこをDNAのせいにはしたくない。

本田圭佑 の経歴

本田圭佑、ほんだ・けいすけ。日本のプロサッカー選手。大阪出身。小学2年でサッカーを開始。中学時代にガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県星稜高校で全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校生時代から特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、高校卒業時に入団。その後、VVVフェンロー(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)などの海外チームで活躍。日本代表としても活躍した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんなにいい言葉でも、それをただ口にするだけでは人の心を動かすことはできません。言葉を発するときの仕草と表情と声、この3つが伴っていなければ、たとえ丁寧な言葉を使っていても、それは慇懃無礼にしかならず、好感度アップどころではありません。

人から怒りをぶつけられたとき意識したいのは、相手が怒っている本当の原因です。相手から激しく罵られると、怒られたほうは原因が自分にあると考えがちです。しかし、相手の言葉を額面どおりに受け取ってはダメ。むしろ他のことで怒りを溜め込んでいて、たまたまあなたの前で爆発しただけというケースが多いのです。

日本でダメになった産業を海外に持って行くという考えでは、一世代で終わってしまいます。そうではなく、世界でのポジションをきちんと得られる事業展開をしていくことが重要。

閉塞感なんていうのは、人の心に巣食うものです。実際の世の中に蓋がされているわけじゃないでしょう。理屈をこねる前に、一生懸命働くべきだと思います。

新薬とは異なり、ジェネリックという排他性がない商売で成果を挙げるには、ブランド力を高めることが欠かせません。

いま、会社が求めているのは、個人の突出した能力ではありません。以前は実力主義や評価主義が導入され、個人のスキルの向上が求められました。しかし、今は「人の力を借りる力」が求められている。

私が幼い頃から夢中になったものと言えば、賭け事や落語です。メンコやビー玉などを賭けて勝負をすれば、勝つためにはどうすればいいのだろうと考えます。ほかの人と同じことをしていては勝てませんから、知恵を絞って考える。そうして夢中になって遊ぶ中で、運とツキを引き寄せる法則を学びました。これは今、変革が求められている経営環境に立ち向かい、生き残っていくための知恵にも通じています。

選択可能性と流動化が深まり、誰もが不安を覚え、「自分はないがしろにされている」と感じている。

一見うまみのない仕事でも、誠心誠意やり遂げれば、長期的には何かしら得るものがある。

大層な資料をつくる時間があるなら、もっとビジネスパートナーや客先、取引先などのステークホルダーとしっかり交渉してこい。

ページの先頭へ