本田圭佑の名言|DNAのせいにはしたくない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分より上の選手は、自分より努力しているだけ。責任はすべて自分にある。そこをDNAのせいにはしたくない。


本田圭佑 の経歴

本田圭佑、ほんだ・けいすけ。日本のプロサッカー選手。大阪出身。小学2年でサッカーを開始。中学時代にガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県星稜高校で全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校生時代から特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、高校卒業時に入団。その後、VVVフェンロー(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)などの海外チームで活躍。日本代表としても活躍した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

全員の能力のレベルが同じということはあり得ません。それを前提に考えると、各人の持ち味が生かせる適材適所の役割を与え、スペシャリストを育てるマネジメントの方がチーム力は上がる。

遅刻が目立ち始めた段階で口頭注意して、それでも直らなければ停職や減給。さらに最後の手段として解雇という流れなら問題はなかったはず。我慢を重ねたのちに突然キレるのは法的リスクが高い。キレるなら計画的に手順を踏みつつキレるべき。

現場からみておかしいなということを指摘できるのは、現場経験があってこそだと思います。サービス業は、一にも二にも現場です。お客様と接する現場を熟知し、現場を原点にお客様の発想で物事を考えていけるかどうかが大事だという思いは、現在も変わっていません。

私欲をはさまず、冷静に観察し数学的・科学的に分析すれば、ギャンブルの勝機は必ずわかる。

常に、「想定外というのは起きるものだ」と考えていかないと。

「幸せ」を求めて繰り広げられるはずの経済活動で、なぜ不幸が生まれてしまうのか。私は常にこのことを考えてきました。その結果得た結論は、目的と手段のはき違いをしているということです。

やってほしい作業は、過去の成功事例の洗い出しです。新規事業はゼロから構築するものだと考えがちですが、そんなことはありません。いま成功しているビジネスの多くは、既存のアイデアを取り込んで発展させているものがほとんど。他の業界のやり方を、自分の業界に応用したり、すでにあるAという方法とBという方法を組み合わせたり……。こう考えれば、これまでの自分の過去の成功体験や他業種の事例が参考になるはず。

ページの先頭へ