本田圭佑の名言|DNAのせいにはしたくない

自分より上の選手は、自分より努力しているだけ。責任はすべて自分にある。そこをDNAのせいにはしたくない。

本田圭佑 の経歴

本田圭佑、ほんだ・けいすけ。日本のプロサッカー選手。大阪出身。小学2年でサッカーを開始。中学時代にガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県星稜高校で全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校生時代から特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、高校卒業時に入団。その後、VVVフェンロー(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)などの海外チームで活躍。日本代表としても活躍した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

貿易とは人、物、金、情報、これらが国境を越えて動くことを意味します。その貿易のすべてに精通しているエキスパートが日本にどれだけいるでしょうか。商品を海外で売るためには貿易法務をはじめ、厄介な手続きやトラブルが発生するものです。中小企業、特に地方のお客様からは貿易事業に関するすべての相談に対応できる当社のワンストップサービスが非常に喜ばれています。

家計の見直しをアドバイスしていて感じるのは、お金で後悔しない人ほどモノには執着しない、ということです。金額の大きい支出をためらわずに削ることができる人が多いのです。

センスは他人が育てるものではありません。本人がセンスのある人に育つのです。そのためには、社員がセンスのある人に育っていくための土壌を用意してあげることが大切です。

最初からあらゆる世代に受けようと思っても無理。

よく僕のキャディの人と話すんですが。結局、何でもそうなんだけど、上達するには頭と身体が同調するしかないって言うんですよ。トレーニングしてない身体は、頭で思い描いた通りに動かないんですよ。大抵は。僕が言う「アタマ」っていうのは思い描いたイメージそのもののことです。そのイメージと、身体の動きが違うってことなんですよ。意外に思われるかもしれませんが、イメージの方が常に正しいんですよ。そのイメージに身体がついてこ れてないだけで。

来年は創業90周年、その10年後には100周年を迎えます。いままで計画していた鉄道路線の大型投資はほぼ完了し、今後は鉄道収入から得られる安定的な収益を再投資して沿線の方々に喜んでいただけるものを継続的につくり、沿線地域の付加価値を高め、さらに多くの方々の方々を沿線に引き付けて街を活性化させる。そのサイクルを回し続けることが、我が社の使命であると考えています。

考えすぎてもダメ。思い切って飛ぶときには飛ぶ。どこかで根拠のない自信みたいなものも必要。

みんなで時間をかけて会議して、方針を決めていたら、みんなの意見が平均値となり、平凡な答えにしかならない。そんなことで非常時は打ち破れない。

現場とのコミュニケーションを大事にしています。例えば、夜、空いている時、若い人と飲むようにしています。部長は参加禁止にしてね。

「口は奢ってなくちゃいけないよ」って、師匠によく言われました。口が奢っていない人は面白い話ができない、と。美味しいものを知っていることは、話の豊かさとつながるんです。すぐに芸にはつながりませんけど、選別能力がつく。「これはつまんない」「これは面白い」ってのが、わかるようになる。きっと感性が豊かになるんでしょうね。だから、まずいものを平気で食べていると、噺家仲間から軽蔑されます。僕はあえて弟子には話しませんけど、一緒に美味しいものを食べているから、わかってくれていると思います。

ページの先頭へ