本田圭佑の名言|目標を決めたら目標に向けて行動する。そうすれば、夢は叶う。

よく子供たちにも言うのは、「みんなプロになれる可能性はある」ということです。誰もがモチベーション次第で環境を選ぶことができます。それは、出会う人、付き合う人まで選べるということです。だから、目標を決めたら目標に向けて行動する。そうすれば、夢は叶う。

本田圭佑 の経歴

本田圭佑、ほんだ・けいすけ。日本のプロサッカー選手。大阪出身。小学2年でサッカーを開始。中学時代にガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県星稜高校で全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校生時代から特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、高校卒業時に入団。その後、VVVフェンロー(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)などの海外チームで活躍。日本代表としても活躍した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

思考とは知識を並べ立てることではなく、ある知識を基に意見や結論を導き出すこと。まさに、考えること。

失敗の経験が、大切な学びと成長、そして人との出会いにつながることを何度も経験してきました。

私たちは時として成功を追いかけるのに夢中になりすぎて、何が大切かを忘れてしまう。成功の動機には金銭だけでなく、何らかの本質的な価値観が伴ってしかるべきだ。

小中学校で教えられることは教育ではない。教育の手段である。

IRで語られるのはある意味会社の姿のごく一部です。残りの部分については社員みんなが共通の理解を持っていれば「ああいう見方もあるんでしょうが、私たちは自社の製品に自信を持っています」と答えることができ、外部の報道による動揺を最小限に抑えられるでしょう。

転職業界では転職の「35歳限界説」というのがありますが、35歳以上でも転職して収入を上げている人は少なからずいます。彼らに共通しているのは、なんといっても、確固たる仕事の実績があることです。ただ、いくら実績があってもそれだけでは弱い。「経験をしてきた事業領域がたまたま成長マーケットで、時流に乗っただけ」とみなされることもあり、高評価の対象になりづらいのです。企業が欲しがるのは、高い仕事の実績を「継続的」に出し続けている人。昨今はマーケットの変化が速く、社内で通用する能力だけで実績を出し続けるのは難しい。逆にいえば、継続して実績を出すことできれば、「どの環境でも成果を出せる普遍的な能力を持った人材」と評価されるのです。

「不満なことは、これとこれ。でも、幸せなことはこれとこれ」。その割合が「幸せ51:不満49」であれば、人間相当ハッピーだ。

キヤノンは知的財産について意識が非常に高い企業でした。そこではどのような特許がとれるのか、またその技術が特許できちんと守れなければ、事業としての可能性があってもやめる、ただ作れても売り出さないという徹底した姿勢がありました。その姿勢を見まして、「なるほど。特許というのはこれほど大切なものなのか」と価値の大きさを非常に実感しました。

私が不満なのは、みんな30年のうちにどうするとか、先のことばかり議論しているんです。それも大事だけれども、足元をどうするんだという現実的な議論を、もっとやらなければ。

自分の仕事を伝えること、相手の興味をひくこと。この二つが自己紹介の目的。

ページの先頭へ