本田圭佑の名言|目標を決めたら目標に向けて行動する。そうすれば、夢は叶う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく子供たちにも言うのは、「みんなプロになれる可能性はある」ということです。誰もがモチベーション次第で環境を選ぶことができます。それは、出会う人、付き合う人まで選べるということです。だから、目標を決めたら目標に向けて行動する。そうすれば、夢は叶う。


本田圭佑 の経歴

本田圭佑、ほんだ・けいすけ。日本のプロサッカー選手。大阪出身。小学2年でサッカーを開始。中学時代にガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県星稜高校で全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校生時代から特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、高校卒業時に入団。その後、VVVフェンロー(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)などの海外チームで活躍。日本代表としても活躍した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

スピード感の欠如は業界特有の問題でもあります。通信業者は月々に決まった収入があり、収益は急激に変わりません。世の中に10の変化が起きても、0.5くらいの変化しか起きません。そのため、世の中の変化が業績に直結するメーカーなどとは違い、社会の変化に乗り遅れてしまうのです。

「種まき」と同じようにむずかしいのが、商品の「引き際」です。これは大失敗の中で学んできたことですが、POSのデータが跳ね上がる商品というのは、もう店頭から引き揚げないといけない商品なんです。実際にはそこから売れるのですが、やめておかないといけません。

これまでのような自前主義が事業拡大の足かせになっているのであれば、そこは外さないといけない。提携ありきではないが、提携なしで成長のストーリーを描けないのであれば、重要な選択肢となる。

「継続」が大事。仕事がありますから毎日2時間、3時間と学ぶ時間をとれるものではありません。ですから、毎日15分であっても続け、積み重ねることが、やがて大きな差になっていくのです。

過剰在庫は業績の悪化に直結します。そこでコマツでは、販売代理店の在庫をゼロにする努力を行っています。需要予測に力を入れている背景には、そうした狙いもあります。

同業のライバル社など、自社と近い世界の会社をお手本にした場合、模倣が仮に成功しても、ビジネスはお手本の会社と似たものになり、成長やイノベーションにはなかなかつながらない。

管理職が部下に「働き方を変えなさい」と言うだけでは何も変わらない。必要なのは、具体的なゴールを設定することだ。ネスレ日本では、19時以降の残業を原則的に認めていない。つまり「19時までに帰る」というゴールを設定した。人事が毎日オフィスを点検し、特別な許可を得ずに残業をしている者がいたら会社に報告され、そのチームの管理職の評価に反映する仕組みも作った。

ページの先頭へ