本田圭佑の名言|目標を決めたら目標に向けて行動する。そうすれば、夢は叶う。

よく子供たちにも言うのは、「みんなプロになれる可能性はある」ということです。誰もがモチベーション次第で環境を選ぶことができます。それは、出会う人、付き合う人まで選べるということです。だから、目標を決めたら目標に向けて行動する。そうすれば、夢は叶う。

本田圭佑 の経歴

本田圭佑、ほんだ・けいすけ。日本のプロサッカー選手。大阪出身。小学2年でサッカーを開始。中学時代にガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県星稜高校で全国高等学校サッカー選手権大会に出場。高校生時代から特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、高校卒業時に入団。その後、VVVフェンロー(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)などの海外チームで活躍。日本代表としても活躍した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

無理、無駄、ムラのある仕事のやり方を改善できれば、現状の人数でも売り上げを伸ばせたかもしれません。現状を疑い、データを収集分析し、正しい価値基準を再構築し、自らの頭で判断する姿勢が大切。

好印象を生み出す3つのポイント

  1. 身体を開くこと。へソを相手の正面に向けて目線を合わせ、うなずいたり、相づちを打ったり、笑顔を浮かべたりするだけで、随分オープンな印象になる。
  2. 感情を盛り込むこと。
  3. 感謝の気持ちを表すこと。

重要な金銭的な指標は売り上げだけではない。パッケージ販売にかかるコストや月額課金による定期的収入などを総合的に考えれば、大きく成功できると確信していた。

なにごとも努力なくして勝利なし。

今、私の仕事の50%は海外出張、15%は地方出張と、移動がつきものです。となると、持ち物の絞り込みはやはり不可欠。身軽にしておかないと機動力が下がりますから。

大将は知恵を持って肝要とす。知恵なき者は万事に惑いあるものなり。知恵には大小あり。知恵大なれば天下を治めて不足なく、知恵小さきなれば一国一城も治まりかねるものなり。

僕は編集者の中では採算を重視する方だし赤字は敗北だとは思っているけど、残念ながら儲けようという意識はそんなに強くはないんです。それで、少数精鋭主義にとどまってしまうけれど、経営に特化しすぎても自分が壊れてしまうだろうなと思うんです。

自分の足で現場に行き、「現物・現場・現実」を自分の目で確認します。そうやって初めて、経営方針通りに進んでいるのかどうか、各施策が適切に実施されて、想定した結果が出ているかどうかを把握できます。

顧客の期待に応え続けること、そこにマツダの挑戦がある。

話し上手が恋愛上手だと勘違いしている人もいます。「話すのが苦手だからモテない」と思い、無理してしゃべりまくってしまう人もいます。でも、これは逆効果。一方的なコミュニケーションでは相手はげんなりし、心のシャッターを閉じてしまいます。

ページの先頭へ