松下幸之助の名言|素質プラス体験、それから来る知恵が大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

素質プラス体験、それから来る知恵が大切。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

グループが成長を続けるうえでも、社員が共通に持てる目標があるほうがいい。それも一度聞いたら忘れられないようなわかりやすい目標がいいと考えました。チャレンジするなら、それぐらい積極的に挑戦しようという非常に単純な理由です。
【覚書き|韓国ロッテグループの目標を「アジアトップ10」にしたことについて】

百貨店やスーパー、コンビニの売り場はよく覗きます。
【覚書き|72歳のときの発言】

全ての人間は組織の中で働いて成長しようとしている。

皆さん、安いのは好きですが、安っぽいものは嫌いです。

利己の目線と利他の目線では、同じものを見ても行動が変わります。健常者の目線で見ている景色と障がいのある方の目線で見ている景色は全く違います。人は自分が見えているものを基準に物事を判断します。もし、自分の見ているものが利己的で、相手にそれを言い続けたら、結果は絶対に悪いものになるでしょう。

会社があるべき姿から逸脱して不祥事を起こす。そのあるべき姿とは、経営理念と言い換えてもよいでしょう。企業が経営理念を見失って道から外れたとき、必ず業績が悪化したり、不祥事が起きたりする。企業トップは肝に銘じるべきです。

このままでは改革は遅々として進まない。トップが意識を変えなければ何も変わらない。

ページの先頭へ