松下幸之助の名言|決定する才能が経営者の条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

軍師の言うとおりにしているのでは、大将はいらない。軍師の言うとおりやるか、こういうふうにやれとか、それを決定する才能が経営者の条件。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「布施」の原語は梵語の「ダーナ」で、「他者に施し与える」ことを意味する。日本では一般に、僧侶やお寺への金銭的な寄付という意味合いが強い言葉だが、原義では僧侶や寺に限らず誰に対して施し与えることも布施になる。畑の野菜につく虫を殺さないことも、虫たちへの立派な食の布施だ、とみなす僧もいる。

必要な能力は企業再生業務の実績を重ねてきた中で築かれてきたと自負しています。再生業務では一般の不動産仲介業務と違って、調整相手が数多い。しかも、一定の期間内で完了させるスピード感を求められます。当社に依頼するとそれがうまく運ぶという評価を得ながら、実績を積み重ねてきました。

このビジネスは簡単ではない。そんな簡単なビジネスだったら、何も私が飛び込んできて、「日本の産業を何とかしなければいけない」という熱い想いを持ってやることではない。

会議を行う際には、WHY=なぜ(目的・目標)、WHAT=何を(協議事項)、HOW=どうやって(実施形式、参加者、場所など)の順に決定していくものですが、実際にはHOWしか決まっていない会議も多いのです。

社外に対しても「おかしい」と思った感覚を大切にしたことで救われたことが何度もあります。株式上場はそのひとつかもしれません。「おかしい」と感じたことは、決して妥協してはいけない。

人間は、自分が他人より劣っているのは能力のためではなく、運のせいだと思いたがるものだ。

雑談に抜群の才能があるという人でもない限り、商談前の雑談はとくに必要ないと思います。それよりも、簡単に自己紹介をしたら、「今日はこういう目的で参りました」とその商談の目的をはっきり提示したほうがいいと思います。これをきちんとやっていない人が意外と多いのですが、その商談のゴールが見えなければ、相手も何を話していいかわからなくなってしまいますよね。

ページの先頭へ