ニケシュ・アローラの名言|長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない

長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない。

ニケシュ・アローラ の経歴

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

テレビもラジオもペーパーもインターネットも共通して、いかにお客さんの期待に応えていくものを作っていくか常にお客様の目線で考えています。

歴史を振り返れば、新古今和歌集には「高き屋に のぼりて見れば 煙立つ 民のかまどは賑わいにけり」という仁徳天皇の御製が収められています。国民の生活に目を向け、共感を広げられなければ、大義はやり遂げられません。

人がダメだと言っていても、それを鵜呑みにはしない。まず一度、常識を疑ってみることが大切。

経営学は決して「答えを与える」学問ではありませんが、「考えるための羅針盤」としては役に立ちます。だからこそ世界中のビジネススクールで教えられているのです。このことを意識されて、ぜひ経営学を学んでみてください。

私は皆さんに「やってみなさい!」と言いたい。英語を上達させるには、やってみる以外に方法はない。

正確に描かないとという気持ちはあります。間違いがあっちゃいけないという緊張感の中でずっと描いています。

よく、「どの国や地域に力を注いでいますか」と質問されるのですが、いまは広げることよりも、深まりを生むことを考えています。保護者の方に、公文の教室に入れてよかったと思ってもらえるよう、子供を伸ばすことに注力したい。

相手企業の関係各所の話を聞いて回ると、次第に企業が抱えている根本的な問題やリアルな課題が見えてきます。そこを踏まえた提案をするわけです。ライバルに差をつけるには、手間や時間をかけても、こうした多角的な視点を得られる情報が必要です。結局のところ、「どれだけ汗をかいて準備したか」が決め手になると思います。

日常の生活の中にギラリと光る断面で、繰り返しのきかない場面にこそ人生がある。人間が生命をかける事業がそうである。自分を進んで危機に追い込んでいき、持てる全力を投入する。これが本当の人生である。

私はそんなスーパーな存在ではない。たまたま会社が始まった頃、当時では珍しいMBAを持っていたのと、若くして日本や欧米の立派な経営者と会うことができ、多くを学ぶ機会に恵まれただけです。

ページの先頭へ