ニケシュ・アローラの名言|長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない

長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない。

ニケシュ・アローラ の経歴

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ロングセラーとなるには全く新たなジャンルを形成しなくてはなりません。もしくは従来のジャンルではあるけれど、革新的な技術で新たな価値を生む商品もロングセラーになり得る。

樫尾和雄の名言|ロングセラーをつくる2つの方法


発売当初は「こんなもの誰が使うんだ」と散々な評判だった。でも大人気になったので、言った本人が後で謝りに来た。

吉岡隆治の名言|「こんなもの誰が使うんだ」と散々な評判だったが大人気になった


私が元気なのは毎日格闘技のジムに行って体を鍛えてますし、ゴルフの素振り、競輪の予想、麻雀の打ち方の勉強など、あらゆる遊びを本気でやっているからでしょうかね。食事をとるみたいに、毎日の習慣になっています。それが若さの秘訣じゃないかと思いますね。

森田勉の名言|若さの秘訣は本気で遊ぶこと


スバルらしさはエンジンだと思われることが当社にとって一番マズイ。よく考えてみると、現在、どれだけのスバルユーザーが、エンジンが良いからという理由でスバル車を買っているでしょうか。ほとんどいないはずです。独ポルシェだって今は「カイエン」に水平対向エンジンを載せていません。独フォルクスワーゲンと同じエンジンです。でもカイエンは人気がある。そこで私は気づいたんです。「ブランド力を強めれば、エンジンが何かなんて関係ないんだ」と(笑)。

吉永泰之の名言|ブランド力を強めれば、エンジンが何かなんて関係ない


上場は起業家の大きな目標。親会社からすれば、成功した子会社が上場してくれることで、初期投資を回収できるメリットもある。事業としても上場益が得られるのだから、しない場合よりも成功確率が上がる。早く投資回収すれば、もっと次に回せる。小さく、多く生んで、外部ともグループの中でも競争してもらう。そうすれば、企業内起業でも市場原理が働く。

岡田元也の名言|成功した子会社を上場させる理由


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ