川島永嗣の名言|今の自分の立ち位置を確認する

このエントリーをはてなブックマークに追加

長時間の移動中、自分をゆっくりと振り返ることが多いですね。僕は、明確な目標を定めて、そこに到達するプロセスを逆算していくタイプなので、その時々で今の自分の立ち位置を確認する作業が必要になるんです。


川島永嗣 の経歴

川島永嗣、かわしま・えいじ。日本のプロサッカー選手。埼玉県出身。中学時代から本格的にゴールキーパーのポジションを開始。浦和東高等学校で高校サッカー三大大会すべてに出場。高校卒業後、大宮アルディージャに加入。その後、名古屋グランパスエイト、川崎フロンターレ、リールセ(ベルギー)、スタンダール・リエージュ(ベルギー)などでプレーした。日本代表選手としても活躍。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

エキテンは自社メディアですので、自分たちで企画して実行することができます。自分たちで企画したものをサービスに反映させればすぐにレスポンスがあるというところは、やりがいがあるのかなと思います。

企業の競争力を高め、グローバル化が必須な企業においては、ダイバーシティー、特に、女性の視点から商品やサービスや戦略を立てていくことが大変重要。

私はプレゼンに臨むとき、一人でも多くの人に笑顔で帰ってもらいたいと願っています。独りよがりに精緻なロジックを準備するのではなく、どうすれば聞き手に楽しんでもらえるかを考えます。聞き手からエネルギーをいただかなくては、いいプレゼンはできません。その方向さえ間違えなければ、自然といい内容になると思います。

たとえば上司に理不尽に怒られてイライラしたときに、「この上司は、口ではもっともらしいことを言っているけれども、支配欲が満たされず不安だから怒っているのだな」と分析できれば、もう相手と同じ土俵にはいません。すっきりした気持ちになれるでしょう。

私は常に新しいことに取り組みたいという考えを持っていました。不動産業の常識を打破するために何ができるか、その解がITと不動産をハイレベルで融合し、イノベーションを生み出す事だったのです。

お金があれば贅沢ができる。それは、確かに楽しい。それに報酬は仕事の実績が認められたことの証でもある。ビジネスの世界で働く以上、結果に見合う報酬を期待するのは当然のことだ。だが仕事に対する情熱や意欲は、お金では買えない。私の場合は、やりがいのある仕事、チャレンジングな仕事でないと心が動かない。

考えるときは目の前から資料を排除すること。資料をあらかじめ読み込んでおくのは大事ですが、考えるときには決して見ない。読むことに脳のメモリが使われてしまいます。重要なことは頭に入っているはずですから、資料は全部しまいましょう。

「明確な目標」を与えられて、「公正な評価」をしてもらえる状態。この2つがあれば、人間、誰でも一生懸命に働きます。だから、アイリスオーヤマは常に目標を明確にし、社員を公正に評価するために相当な努力を払っているのです。

人への投資は事業への投資以上に力を入れてい<。人さえ鍛えておけば、大きな変化があっても持続的な成長を続けていけるからだ。

やることの明確化のためには、タスクを「チャンクダウン」することも大事。たとえば「起業」というタスクがあっても、何をすればいいのかがわかりませんから、どんどん先送りしてしまうでしょう。「起業に必要なスキルを学ぶために、スクールの説明会の日程をネットで調べる」というアクションなら具体的ですから、スケジュールに入れることができます。やるべきことの抽象度を落とすのです。

ページの先頭へ