孫正義の名言|厳しい環境でしか学べないことはあまりに多い

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗を恐れる必要はありません。厳しい環境でしか学べないことはあまりに多い。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人はいかなる時代であっても、新しいものを求める。

顧客候補に対して、商品の無理解を批判しないで、真摯に商品を使って頂き、価値を感じて頂くよう、必死で販売努力をする事である。この努力と学習なく、事業が勝手に立ち上がるなどという奇跡は起こったためしがない。

アプリの使い心地や、ある程度事前に運賃が分かるなど、彼ら(ウーバーなど)から学ぶべきことは学ばないといけないと思っています。

パズドラを開発したとき「普段ゲームをしない方でも気軽に挑戦できるし、いろいろなゲームをやっている人でも楽しめる」そんなゲームバランスを取ることに苦心しました。半年間、何度も作り直しをして、スタッフには苦労をかけましたが、その甲斐がありましたね。

会話でお互いの共通点をアピールすると、話が盛り上がりやすくなります。人は自分と興味や考え方が似たタイプの人と仲良くする傾向があります。類似性があれば話も通じやすいし、自分の価値観を認めてくれる証明にもなるからです。

美しく話すことは、いかに美しく聞くかということです。つまり、話し上手は聞き上手で、言葉をかえれば、美しく話すことは、いかに美しく黙るかに尽きます。

チーム内の議論が時にオーバーヒートし、新入社員などがどん引きすることもあります。私もついつい穏やかな農耕型の人格を忘れてしまうことも。でもこれこそ醍醐味。あれこれ新しいアイデアを試しては、市場からのリアルなフィードバックに飛び上がって喜んだり、がっかりしたり、そして次はこれだ! と勝負する。このヒリヒリ感がたまりません。

福寿園には200年以上の歴史があるわけですが、やはりサバイバルできた一番の要因は、その時代に価値あるものを提供してきたからです。目先が利くというよりも、その時代に存在価値ある企業として生きてきた。

「昨日の自分に興味がない」というのは天才の条件のひとつだ。天才は基本的に昨日の自分を信じていない。たとえ昨日、何を成し遂げようとも、昨日の自分をみんなが賛美しようとも、本人はすでに興味がない。もう「次」を見ているのだ。

人生は人から役割を与えられるのではなく、自分が選択するからこそ、役割の責任を果たすことができる。

ページの先頭へ