勝田忠緒の名言|じっとしているのも勇気

じっとしているのも勇気。

勝田忠緒 の経歴

勝田忠緒、かつた・ただお。日本の経営者。「中央土地株式会社」社長。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、三菱信託銀行不動産部、三井信託銀行不動産部を経て家業の中央土地に入社。その後、社長を務めた。そのほか、東京都不動産のれん会代表などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当初はシェアオフィスの照明や色、カーペットや家具、椅子の座り心地がどうかなどデザインのことばかり考えていた。しかし、実際に始めてみると、別のメリットがあることに気づいた。それは同じような挑戦をしている仲間と交流することで、社会的にも精神的にも支えられるということ。

アメリカは、あらゆることが可能な国です。それを未だに疑う人がいるなら、今夜がその人たちへの答えです。建国の父たちの夢がこの時代にまだ生き続けているかを疑い、この国の民主主義の力を未だに疑う人がいるなら、今晩こそがその人たちへの答えです。

社会人1年目の頃、クライアント向けの提案書を無難にまとめると、指導役だった先輩チューターによく叱られました。そうした経験からまだ世に出て間もないブログを始めて、自分の考えを整理したり、言葉に落とし込んだりする練習をするように。今思えばよい経験でした。私がアウトプットを苦に思わないのは、この練習が糧になっているからでしょう。

アウトプットする前提で読書をすることで、本の内容が頭に入りやすくなり、長く記憶に残る。

中小企業に対するM&Aを積極的に行う企業であるという点も、注目の背景にあると思います。中小企業を対象としたM&A仲介を手掛ける日本M&Aセンターも株価好調ですが、「中小企業の後継者難」というのは投資テーマとして認知されているようです。少子高齢化が進む中、後継難に悩む中小企業は増えています。広い意味での高齢化社会関連と捉えられているのでしょう。経済構造が変わりつつあるからこそのビジネスです。

富も財産なり。知識も財産なり。健康も財産なり。才能も財産なり。意志もまた財産たるなり。しかして意志のほかの財産に勝るゆえんは、何人もこれを有すると、これをおのれが欲するままに使用しうることにある。

すでに失敗したサービスもたくさんあったので、AbemaTVがスタートした時も、疑いの目で見られることは覚悟していました。ですので、最初のうちは、あまり関係者を増やさずにテレビ朝日とサイバーエージェントで、できる限り自力で形をつくろうとしてきました。

コミュニティということがよく言われていますが、たとえば家族旅行に年に二回行っているのであれば、アルビレックスの試合に合わせて周辺の温泉を予約し、温泉を楽しみながら試合に来ていただく。みなさん湯布院に行って、別府の試合を見ているみたいなんです。おじいちゃんが「アルビレックスを応援に行こう」というと、孫が一緒に来てくれるみたいなこともある。あるいは町内会を通して申込書が回覧板で回ると「隣のおばあちゃんが行くんなら、私も行くわ」みたいな誘い合わせて来てくださるとか。家族をコアにして、町内が一緒に盛り上がる。勝った時は地元に戻って町内で酒盛りするとかね。

いまの時代、会社が何で稼いでいるかも知らずに会社と運命を共にするのはバカげています。会社の利益にも自分の利益にもなることを考えるのが年収UPへの近道です。

売れない物も置いているのはお客様に買い物を楽しいと思ってもらいたいからです。

ページの先頭へ