勝田忠緒の名言|じっとしているのも勇気

じっとしているのも勇気。

勝田忠緒 の経歴

勝田忠緒、かつた・ただお。日本の経営者。「中央土地株式会社」社長。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、三菱信託銀行不動産部、三井信託銀行不動産部を経て家業の中央土地に入社。その後、社長を務めた。そのほか、東京都不動産のれん会代表などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

常に相手の立場になって考えなくてはいけない。バカにしてくる人がいてもそれは向こうの立場があってのこと。グッと我慢していればいいこともあります。自分の立場だけで賢そうにものを言っていても結局不平不満ばかりになる。

渡部恒三の名言|常に相手の立場になって考えることの重要性


トヨタ自動車の、私が初代モデルを設計したセリカが好例です。スポーツタイプの車ですから室内はそんなに広くなくていいはずでしょう。でもお客さんに聞きに行くと「部屋がもう少し広ければね」とおっしゃる。市場の声を聞くほど、図体は大きく、150万円程度だった値段は250万円近くなり、ついに市場を失うという皮肉な結果になってしまいました。

和田明広の名言・格言|お客さんの声を聞きすぎると失敗する


同じ時間内にいつも同じ動作を繰り返すことは、反復努力で身につけられます。打つときに集中し、それが終われば気持ちを解き放す。その繰り返しがゴルフです。ルーティンは集中することへの引き金であり、研ぎ澄まされた集中力で良いプレーが引き出せます。

小林浩美の名言|集中力を鍛えるには


時代は常に変化します。そんな状況で「枝葉」の知識をつけても意味はありません。変化する時代に対応するためには、「根本」を知っていなければいけない。

越智直正の名言|変化する時代に対応するためには、「根本」を知っていなければいけない


書き手としての充実度についてはよくわからないけれど、変化はしています。やっぱり人って変わるんです。だからこそたくさん仕事をしているところもあるんです。いまのうちに書いておかないと自分が必ず変わっていくし、前の状態には絶対に戻れない。人は変わるし、忘れる。そして、忘れながら暮らしていく。でも忘れることは「忘れ去る」ことではなくて、いろいろなものが時間を経て変容していくことだと思う。その内容をどう受け入れて行くかなんですよね。

重松清の名言|いま書けるものを、いまのうちに書いておくことの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ