松村厚久の名言|遊びの中に仕事があり、仕事の中に遊びがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

遊びの中に仕事があり、仕事の中に遊びがある。


松村厚久 の経歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下にバカにされないためには有能な上司になるしかない。本当に実力のある上司なら、部下も尊敬するでしょう。上司に求められる仕事、つまり部下を適切に指導し、引き上げることに徹すればいい。

ヤマトグループ全体の営業収益の約8割は宅急便を核としたデリバリー事業が占めています。社会構造が劇的に変わる中、我々も宅配事業者という領域を超えて変わっていかなくてはなりません。

小学生の頃から起業したいと思っていたので、小さな会社を経験するために、当時社員が5人程度のモバイル広告関連企業に就職しました。ベンチャー企業の立ち上げから、経営ノウハウを学びました。

アイデアを出すだけで終わる発想法も少なくありません。大事なのは、出したアイデアをどうアウトプットし、次に取る行動に役立てるか。

本来、学問の本質とは何か、あるいはなぜ日本は先の戦争を戦い、敗れたのかといった根源的なことを無視して、ひたすら無意味な暗記競争を強いているのがいまの教育です。つまり、順応力があって学生時代成績の良かった人ほど、考える力は限りなくゼロに近いんじゃないでしょうか。しかし何も考えなくても、なに不自由なく暮らしていける。それが、戦後の日本社会の特徴だと思います。

外国人向け日本語教育の事業部が発足し、教材作りを任せられました。一から日本語教材を作るために既存の教科書を研究し、外部専門家の意見を参考に作り上げた自信作のサンプルを創始者の公文公(くもん・とおる)に見せると、「これを作るのに指導者や生徒にどれだけ話を聞きましたか?」と厳しく指摘を受け、叱られました。実際に学習する生徒や指導者から話を間いていないことを見抜かれたわけです。

長期運用をしていると、会社の行動や社風が最初とは変わってくることもあります。注意深く観察していいると見えてきます。数字は、その確認材料として使うものなんです。だから、機械的に数字で銘柄をはじき出すスクリーニング(利益などが一定の条件を満たすかどうか検索し、投資対象になるか振り分ける方法)なんかは一番ダメです。

ページの先頭へ