松村厚久の名言|自由に発想してこそ、唯一無二の面白い店を作ることができる

このエントリーをはてなブックマークに追加

自由に発想してこそ、唯一無二の面白い店を作ることができる。


松村厚久 の経歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

適当なノートやメモ帳を「ネタ帳」として持ち歩き、気が付いたことを何でも書きとめましょう。ネタ帳は折に触れて読み返すと、そこからビジネスのアイデアが生まれることもあります。また、面白い話を読んだり聞いたりすると、誰かに伝えたくなります。ネタ帳があれば、人前に出るのが苦手な人でも話題が豊富になってコミュニケーション促進の効果があります。

米国でエアコンを買い控える動きが強く、現地メーカーも大規模な人員削減を行っています。しかし、買い換えないということは、サービスやメンテナンスなどの需要が高まっているということです。ですから、そこは強化していく絶好のチャンスだと捉えています。

人間の能力なんてどんぐりの背比べで、大きな差は出にくい。結局、どんな仕事も、人間関係がきちんとしているかどうかで、長期的には大きな差がついてくるんです。

理想の生活を送るために、物質的にも精神的にも豊かになるために、もっともっと多くのお金が必要である。多くの人はこの「神話」にとらわれて、お金とあなた自身の正しい関係にたどりつくことができません。人の欲には際限がないからです。貯めれば貯めるほど不安になるもの。それがお金なのです。

笑いは消化を助ける。胃散よりはるかに効く。

自分たちが「変わった」と思っていても、お客様に「変わった」と感じていただかなければ意味がない。たんに売り場をきれいにするにとどまらず、お客様に変化を実感していただき、改装による波及効果が得られなければ、成果が出たことにはなりません。

カフェ・コロラド、ドトールコーヒーショップの成功は、時代に沿った業態を創り出して追い風に乗ったということだろう。世の中がだんだんと健康志向に向かっていく中で、健康で明るく老若男女ともに親しめるというコンセプトを持ったカフェ・コロラドが受け入れられた。また、日本人の豊かさ、食習慣の変化、若者文化の台頭、コーヒーが嗜好品から必需品へと変化していったことなど、ドトールコーヒーショップはそうした外的要因の成熟度とともに成長発展を遂げた。要は時代の大きな流れをどうとらえるかということだと思う。

ページの先頭へ