松村厚久の名言|大事なことは、タブーを作らないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なことは、タブーを作らないこと。たとえ素晴らしいアイデアがあっても、最初からオペレーションや流通のことを考えてしまうと、現実に縛られてつまらない店になってしまう。


松村厚久 の経歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は部下によく「何か迷うことがあったら言ってね」と声をかけます。他部門との折衝などでは「私が出て行った方が話が早いと思うならいつでも呼んでください」と伝えています。執務中も部下に「ちょっといいですか」と話しかけられたら、「もちろん!」と答えるようにしています。

昨年、食品スーパー大手のライフコーポレーションさんと提携したのも、ヤオコーの社員を鍛える目的があります。異なる企業文化や人材と切磋琢磨してほしい。そのために双方の社長や部長クラスが定期的に情報交換する機会を持っています。

どんなに上司が配慮しても、部下が心の不調を抱えてしまうことはあります。その場合でも、いきなりメンタルダウンになるのではなく、事前になんらかの「サイン」を発していることが多いもの。その「サイン」を見逃さないようにすることが重要です。

仕事を通しての達成感があったからこそ、家族とも真正面から向き合え、苦難を乗り越えられたのだと確信しています。

成功者は自分を顧みる習慣を持っています。やり抜く力を持つ人の多くは非常に内省的で、物事の表層を捉えて反応するだけでなく、「今日はどうだったか、この先どうなるか」と、人生について熟考する力を持っています。内省する力や習慣を持ち、今日のやり方が間違っていたら明日はこうしよう、など自分自身で軌道修正していかなければなりません。

和歌山県って、まだまだ日本酒のイメージが薄いように思います。がんばっている人もいるのですが、県としてのカラーと言うか、まとまりという部分でもっと協力してアピールしていきたいですね。まだ知られていない、ということは可能性が大いにあるということです。やらなければならないこと、できることがまだまだありますから。

馬鹿になれば利口、利口になればまた馬鹿。馬鹿になって物事を尋ね、馬鹿になって商売せよ。

ページの先頭へ