松村厚久の名言|いったん仕事を任せたら、任せきる

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なことは、いったん仕事を任せたら、任せきること。失敗してもいいから任せ切ることで、社員は成長していきます。ただし、責任は社長にあります。問題が起きれば助け船を出し、いざとなればすべての責任を負うのは、社長としての私の仕事です。


松村厚久 の経歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間のやることですから、いろいろなことがあります。しっかり理念をふまえてやる人も、勢いに任せてやる人もいる。そんなときにはやっぱり注意してやらないといけません。注意を怠ったら、その人を捨て去ってしまうのと一緒ですわ。

広島東洋カープではありませんが、必ずしも4番打者の集まりではなくても、一自動車会社として、しっかりと広島に根ざす。たくさんのクルマのジャンルの中で、ある一隅だけを、しっかりと照らせる商品を出していきます。

英語のメール処理で重要なことは、「意味の分からない単語があってはいけない」という点です。会話であれば、曖昧な理解のまま進めることができます。単語100語のうち10語程度が不明でも大きな問題にはなりません。しかし、メールでは一語でもわからない単語があれば、重大なミスにつながる恐れがあります。

第2子の出産も機にJAXAを退職しました。日本人の宇宙飛行士でJAXAを離れたのは私が初めて。いろいろな選択肢がありましたが、立場をはっきりさせたほうができることもあると考えました。

妥協せずにしつこく粘る、徹底的に考え、徹底的にこだわる姿勢。これは博報堂に良き伝統として今も脈々と受け継がれていると思います。

生煮えでもいいのです。お客様に関する情報が、より早く、そのまま上がってくることが大事であり、誤解を恐れずに言えば、悪い情報が飛び交う職場こそ健全で正しいのです。

モルガンで採用担当をしていたとき、「将来おまえが使いたい人間を採れ」とボスに言われました。そのときに私が決めた採用基準は、スポーツなどで勝利した実績がある人でした。そして、ここが大事なのですが、ただ勝っただけでなく、一回挫折して勝ち上がった経験を持っていること。面接ではよく「あなたの実績と挫折の経験を話してください」と質問しました。

ページの先頭へ