松村厚久の名言|クリエイティブは目から

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリエイティブは目から。飲食店を訪れたときも、内装やメニューを注意して見る。街中の看板のデザインや、電車内の中吊り広告にも意識を向けます。昔から本や映画が好きで、映画は少なくとも週に一度は観ています。本や映画のストーリーや世界観が店作りのヒントになるのです。


松村厚久 の経歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ウェブサイトは有料か無料かではなく、その内容で評価されるのであり、人々はしばしば有料サイトの方が無料サイトよりもユーザーから盗むものが多いことを知っている。なぜなら、ユーザーの時間だけでなくお金までも盗み取るのだから。

本を読んで面白かったから、その内容について人に伝えたいとき「面白かった」と言ってしまってはダメだと思います。それは感想の押し売りにすぎない。説明を聞いた相手に「面白そうじゃないか」と思わせなければならない。

僕はできるだけ偉ぶらず、自然体でいたいと思っています。会社ではたまたま社長ですが、一歩街に出ればただの「おっちゃん」です。だから20歳くらいの女子大生とも、朝まで盛り上がることができます。彼女たちの消費動向もつかめます。

世の中に「枝葉」のことを書いてある本はたくさんあるけれど、「根本」を教えているのは古典だけだ。だから皆さん、古典を読みなはれ。

大事なのが心理学の知識です。取引をする際は、相手の気持ちを汲む必要があるからです。

私たちが見聞きした情報は視覚中枢などを経て、ドーパミンA10神経群というところに伝わります。ここには様々な神経細胞が集まっており、伝わってきた情報に対して、「好き・嫌い」「面白いかどうか」「身の危険性」「過去の情報との情報交換」などのレッテル貼りが行われます。プラスのレッテルが張られた情報については、脳はどんどん感心をもって、意欲的に考えるようになります。

人間、わからないものは怖い。死は経験したことがない、わからないから怖いのだ。17歳の冬、故郷のトンネルで友人たちとともに3人で列車に追いかけられ、死にかけたことがある。全員無事だったが、同じトンネルで人が引かれて死んだと後に新聞で読んだときは怖かった。怖いのもを怖いと正直に言うことは恥ではない。私は、正直を旨とする者である。

ページの先頭へ