松本晃の名言|世に出す前に、まず工夫

世に出す前に、まず工夫。
世に出して失敗すれば、また工夫。

松本晃(経営者) の経歴

松本晃、まつもと・あきら。日本の経営者。カルビー会長兼CEO(最高経営責任者)。京都出身。京都大学大学院農学部修士課程修了後、伊藤忠商事に入社。産業機器・自動車・港湾機器などの輸出ビジネスに携わる。その後、伊藤忠子会社のセンチュリーメディカル取締役営業本部長、ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカル社長・最高顧問などを経てカルビー会長兼CEOに就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現場からは開発が間に合わない、原材料費で元が取れないという意見があがるかもしれません。ただ、これはメーカー側の論理であり、顧客には関係のない話です。常に顧客の視点に立って開発者に意見する。私が言う「顧客の代表」とはこういうことです。このように、アイリスは製品の価格決定プロセスが他社と決定的に違います。

大山健太郎の名言|メーカー側の理論でものをつくらないことが大切


辞書でベンチャーという言葉の語源を調べたら、アドベンチャーからadを取ったものと書いてあった。ベンチャービジネスはビジネスにおける冒険なのだ。この冒険の成否は、個々の社員がどれだけ能力を開花させるかにかかっている。そしてビジネスの舞台で自分の能力を開花させるには、日々改善するという意識が何よりも役に立つのだ。

三木谷浩史の名言・格言|ベンチャービジネスはビジネスにおける冒険


アイデアを思いついたら人に話してみる。自分では持ちえなかった視点に出会い、発想が膨らむ契機になる。

上妻英夫の名言|アイデアを思いついたら人に話してみる


国や社会、個人の進退でも理想を語ることは簡単です。しかし、理想とはあくまでも理想であって、時間をかけて到達するものです。それをいますぐやれると言うことは欺瞞にほかなりません。子供が飛行機の操縦士になりたいと言うのは将来の夢です。それをいまもう、すぐにでもなれるかのようにそそのかしてはいけません。正しい努力のしかたこそ伝えるべきなのです。

鍵山秀三郎の名言|子供には正しい努力の仕方を伝えるべき


ビジネスでは本来、ものごとをまず数字で定量的に把握してから、定性的に判断をするというのが基本です。しかし残念ながら、この区別ができている人はそれほど多くありません。「御社の売上は、最近いかがですか?」という定量的な質問に、「まあ、ぼちぼちですよ」と定性的に答えているようでは、いつまでも数字が苦手な人から抜け出すことはできないでしょう。

久保憂希也の名言|ビジネスではものごとを数字で定量的に把握することが重要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ