東山紀之の名言|「なぜだろう?」と疑問に思い、追求することは、仕事にも活きている

常識や当たり前に受け入れられていることを「なぜだろう?」と疑問に思い、追求することは、仕事にも活きている。

東山紀之 の経歴

東山紀之、ひがしやま・のりゆき。日本の俳優、歌手。神奈川県出身。小学校卒業間際に路上でスカウトされジャニーズ事務所に入る。その後、レッスン生として稽古とバックダンサーなどを行ったのち、少年隊としてデビュー。一躍トップアイドルとなった。そのほか俳優としても活動し、テレビ・舞台・映画などで幅広く活躍した。主な受賞に少年隊として『ゴールデン・アロー賞 演劇賞・グランプリ』『日本レコード大賞 最優秀新人賞』『日本テレビ音楽祭 最優秀新人賞・トップアイドル賞』『ゴールデン・アロー賞 音楽新人賞・最優秀新人賞 』『FNS歌謡祭 最優秀新人賞』『日本歌謡大賞 最優秀新人賞』など。ソロ活動として『年度日本映画批評家大賞 主演男優賞』『文化庁芸術祭賞 演劇部門優秀賞』『ベストドレッサー賞 スポーツ・芸能部門』『ベストジーニスト賞』『日本ジュエリーベストドレッサー賞 男性部門』など。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ