北川一成の名言|変わり続けていくことが必要

注目を浴び続けるためには、変わり続けていくことが必要。

北川一成(グラフィックデザイナー) の経歴

北川一成、きたがわ・いっせい。日本のグラフィックデザイナー、アートディレクター。兵庫県出身。筑波大学芸術学群卒業後、北川紙器印刷(のちのGRAPH)に入社。同社社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

稼ぐ人といえども、最初から稼げる人であったわけではない。ただ、その人生の軌跡を伺うと、大いに稼げるようになった現在まで、人間関係を良好にしたり、人に気に入られたりすることに向けて努力している。

江上治の名言|稼ぐ人の努力


「これはダメだ」と否定するばかりではなく、「こうしてみたらいいのではないでしょうか」と前向きに提言してみてはどうでしょう。そうすれば、きっと上司もあなたの意見に耳を傾けてくれて、建設的な議論ができるはず。

渡邉美樹の名言|否定ではなく提言を


「雑談は長く続いて盛り上がることが大切」と思っている人も多いですが、雑談に長さは関係ありません。「○○ですね」「そうですね」の一往復の会話でもいいのです。

野口敏の名言|雑談に長さは関係ない


グラフが必要になると、すぐにグラフをつくろうとする人は多いですね。早くつくり上げたい気持ちはわかりますが、いったん立ち止まって、目的と照らし合わせながらデータを見直すことが重要。

早坂清志の名言|目的と照らし合わせながらデータを見直すことが重要


大事なのは、美辞麗句を並べるのではなく、相手の心に訴えかけること。気持ちが伝われば、不器用でも口ベタでも構いません。

宮北結僖の名言|気持ちが伝われば、不器用でも口ベタでも構わない


英語の学習を毎日続けるためにはモチベーションが必要。モチベーションは、40歳以上のほうが、10代の学生よりも高い人が多いと感じます。日頃の業務などで英語の必要性を実感しているからでしょうね。

菊間ひろみの名言|必要性を実感することがモチベーションを上げる


我々の業種は世界で一定のシェアを取っていかないと健全な利益が出ないんです。最近はグローバルな供給体制が求められているので、小さな会社でいいということはあり得ない。

永守重信の名言|小さな会社でいいということはあり得ない


どんな人とも打ち解けることができて、しかも好感を持っていただけるような話し方とは、相手の「承認欲求」を満たしてあげる言葉を発することです。人間はどんな人でも「人から認められたい」「わかってもらいたい」「大事にされたい」という欲求を持っています。生まれたばかりの赤ちゃんでも、企業の偉い方でも、人生経験豊富なお年寄りでも、誰でも等しく持っている人間の根源的な欲求です。

松澤萬紀の名言|どんな人とも打ち解けることができるようになるには


顧客に「直接会って話を聞いてみたい」と思わせるためには、「相手が悩んでいそうなこと」を指摘するのが効果的です。私はこれを「悩み図星トーク」と呼んでいます。たとえば、ホームページの制作会社なら、「ホームページのアクセスが少ないとか、売上につながらないとか、検索に引っかからないといったお悩みをもつ企業様が多いのですが、御社はいかがでしょうか?」と聞くのが効果的でしょう。3つほど悩みを挙げてみて、どこかで「ああ、そうですね」と共感する反応が返ってくるなら、アポイントのチャンスです。ここですかさず、「私どもで解決策をご提案できますので、ぜひ一度、情報収集のひとつとしてお話を聞いてみてください」といって、面談の時間設定に入りましょう。長々と商品説明をする必要はありません。それは実際に会った際に話せばよいことです。

吉野真由美の名言|相手の悩みにフォーカスすることの重要性


競争があるなしではなく、(海外との)内外格差をなくさなければダメだと思うんですよ。だから、通話料を、続いて新規加入料、基本料と安くしていくんです。世界に通用する料金水準にしなければいけない。それは我々の社会的責務だと思いますね。

大星公二の名言|世界に通用する料金水準にすることが我々の社会的責務


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ