平井伯昌の名言|挑戦から逃げていた人は、キャパシティーが広がらず、先細りの人生が待っている

若い頃から仕事を選り好みしたり、自分を過小評価して挑戦から逃げていた人は、キャパシティーが広がらず、先細りの人生が待っている。

平井伯昌 の経歴

平井伯昌、ひらい・のりまさ。日本の水泳指導者。東京出身。小学生時代に東京スイミングセンターで水泳を始める。早稲田大学社会科学部在学中、水泳選手からマネージャーに転向。卒業後、大手生命保険会社の内定を断り東京スイミングセンターに入社。北京オリンピックで水泳日本代表コーチを務めた。主な著書に『見抜く力』『世界でただ一人の君へ』など。日本水泳連盟競泳委員。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はもともと小説現代の新人賞で選外佳作というデビューの仕方でしたから、なぜ受賞ではないのか、ランク落ちの理由は何なのかとずっと考えていて、そこで、作家には技術が必要で、プロの水準に達していなかったんだろうと思うようになりました。だから自分の基準や個性なんてどうでもよくて、プロの作家のやっていることに自分は届いているのだろうかと問いながら書いてきたんです。

努力が実りそうもないから何もしないというのは、生き方として疑問です。「この世界に生きる一人一人の人生は、世界経営計画のサブシステムである」というのが私の考えです。全員がいずれかのパートでふさわしい役割を果たすからこそ、この世界が維持されている。あなたの努力はあなたの人生だけでなく、この世界のあり方にも確実に影響を与えているのです。

イメージトレーニングというと、ポジティブなことだけを考える人が多いかもしれませんが、僕の場合はそんなこともありません。悪いイメージが浮かんできても、それはそれで大事にして、思いどおりにならない場面への対応を準備するようにしています。

「変化を放棄した時」が負け。だから、強い相手がひとりもいなくなったとしても、自分は変化し続ける。頑張るだけでは意味がない。変わり続けること。それがプロである責任。

仕事上のつきあいも、人と人とのつながりがベースになります。そしてそのつながりは、仕事よりもプライベートの共通項で深まりやすい。

結果的に失敗したなら、それは仕方ない。でも、振る前にはあくまで「こういう風にしたら上手くいく」というイメージは持っておかないと、結果がどうであれ、そこから何も得られなくなっちゃう。はい。そうでないと、失敗そのものに恐怖感が増しちゃって、失敗を恐れてさらに失敗するという悪循環に入っちゃいますから。一度そうなったら、抜け出すのは大変ですよ。

井上康生選手や高橋尚子さん、活躍した人を見て、自分も人を感動させる選手になりたいと。彼らの本だけでなく経営者の本や自己啓発本を読み、自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを今一度振り返った。

「こうなりたい」「こうしたい」という明確な目標や目的をもっている人のモチベーションは非常に高いし、エネルギーもものすごく出るということ。そういう人は必ず、キャリアも上がっていくはずです。

日本企業が海外市場開拓にいつまでも苦手意識を持つのは、海外展開の計画を立案、実行、修正する力が弱いからではないでしょうか。

自分でビジネスを始めようとすれば、誰でも失敗のリスクを考えるでしょう。しかし、行動力のある人なら、不安だからで止めてしまうことはありません。その不安を直視し、リスクを洗い出し、それへの対策を徹底的に考えようとするはずです。

ページの先頭へ