松浦弥太郎の名言|自由への覚悟を持てば、他人と違ったって、ちっとも悪くない

自由への覚悟を持てば、他人と違ったって、ちっとも悪くない。堂々と胸を張って生きていける。

松浦弥太郎 の経歴

松浦弥太郎、まつうら・やたろう。日本の経営者、編集者。「カウブックス」主宰、「暮しの手帖」編集長。東京出身。18歳のときにバイトで貯めた資金で単身渡米。ビンテージジーンズ輸入業などを経てオールドマガジン専門店m&co. booksellersを開業。その後、「暮しの手帖」編集長などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

年齢ということは、私の経験からいうと、アメリカあたりでも、今度ピーター・G・ピーターソンというのが46歳で商務長官になったでしょう。ケネディは42歳で大統領になったしね。そういうことからいけば、まず40歳になったら経験は別として、知識という点じゃ、もう万人平等といっていいな、一流の人ならば。だから、40代になったらば、どんな重要な地位、大統領だろうが総理大臣だろうが、大会社の社長だろうが、そうなって一向に差し支えないね。アメリカなんて、40代の社長はくさるほどいるよ。

大屋晋三の名言|40代になったらば、大統領だろうが総理大臣だろうが、大会社の社長だろうが、そうなって一向に差し支えない


私は、その企業の利益率が高くても、借金がたくさんあれば長続きしないと判断し、空売りをする。

ジム・ロジャーズの名言|私は、その企業の利益率が高くても、借金がたくさんあれば長続きしないと判断し、空売りをする。


僕は高校まで男子校だったので、大学で高い授業料を払って女性との接し方を覚えました。そのときに得た知識と経験は、いまでも役立ってます。女性に対する気遣いや、細やかさはすべての仕事に通じることですからね。

林修の名言|女性に対する気遣いや、細やかさはすべての仕事に通じる


自然条件の中で使われるあらゆる技術システムは、それが人間によって作られたものである以上、必ず限界というものがある。

家田仁の名言|技術システムは、必ず限界というものがある


メーカーは通常、原料代や加工費を計算して原価を割り出すことから価格設定を始めますが、当社では先に「いくらなら売れるか」を考えて価格を設定します。ユーザーにとって商品の原価など関係ありません。消費者の納得のいく価格=「値ごろ価格」はどのくらいか、から考えるべきなのです。

大山健太郎の名言|原価よりも消費者の納得のいく価格から出発する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ