すはらひろこの名言|届いた郵便物は玄関で処理する

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が立った姿勢で整理を始めたのは家庭でのこと。届いた郵便物を玄関のカウンターで処理すると、部屋まで持ち込む郵便物が激減。要・不要の仕分けに迷うことがなくなりました。


すはらひろこ の経歴

すはらひろこ。日本の住空間デザイナー、整理収納アドバイザー。東京出身。日本女子大学家政学部大学院修了。一級建築士事務所アビタ・クエスト設立。著書に『1分片づけ術』『朝、着る服に迷わないハッピー収納術』『風通しのいい片づけ』『無印良品でつくる心地よいキッチン』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何かをやり遂げたい強い思いを持ち続ける人は、迷っても失敗しても、何度でも立ち上がる強さがある。周りも手を差し伸べたくなり、思わぬ応援を得られたりもする。

会社はまず社員の幸せのためにある。

私はつれづね利己ではなく「利他」が重要だといっていますが、簡単に妥協してしまう人は利己的な人が多い。残念ながら、日本企業のリーダーにはこのことを自覚できている人が大変に少ないと思います。

工夫しながら、常に「右肩上がりの仕事」をすべき。昨日と同じ仕事でも「今度はこうしてみよう」とチャレンジし続けることが大事。

日々の積み重ねによる開発力と大きな成果こそが会社の原動力です。そのためには、持続可能な開発体制がかかせません。

成功の裏には苦渋があったはず。どんな経営者でも失敗はしているものです。途中から失敗を成功にしていったケースや、会社に影響しない程度の失敗は数知れないでしょう。

営業をやっていた私は、お詫びなど日常茶飯事でした。会ったときは言い訳は一切しない。応接室で上座に通された時は仕方ないからそのまま座りますが、お茶は飲まない。相手が不在のまま待たされたら、許可を得て現場に行きます。40度を超える溶解炉の前で、作業中の鋳物業の経営者の脇に座り込み、じっと待ったこともあります。向こうからすれば、背広でクソ熱い現場まで来てくれたと胸に響くものがあったはずです。実際、そのあとで注文が二倍になりました。訪れて会ってくれなくても、毎日必ず立ち寄り、粘るしかありません。

ページの先頭へ