糸井重里の名言|アイデアは書けば書くほど次のアイデアにつながる

このエントリーをはてなブックマークに追加

書く癖を絶対身につけた方がいい。アイデアは書けば書くほど次のアイデアにつながる。バージョンアップする。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社では日本国内におけるモノづくりを大切にし、「お客様によりよい眠りを提供し、高級ホテルの寝心地を毎日、家庭で体感していただく」という理念を頑なに守ってきました。

夢を実現する過程が明確化すると、自然と「やれそうだな」という気持ちになります。これは心理学用語で「内発的動機」と呼ばれ、人に強制される「外発的動機」より練習の効果を高めることが分かっています。

雑談は、相手に話の主導権を渡した方が盛り上がります。相手本位の会話になるようにこちらがサポートする。それには、相手の話にひたすら質問で返すのがとても効果的です。

何事も継続して積み重なっていくことを大切にしています。たとえばルールを作る上でも、それがきちんと継続できるものなのかどうかについて検討しています。

落語には昔の人の知恵が詰まってる。だから楽しいだけじゃなく、発想やアイデアのヒントになる。勉強しようと肩肘張って聴くとダメ。楽しみながら聴くから頭に残る。

プレゼンや会議では自分の側の優位性をしっかりと認識したうえで、それに関係のない余計な情報は極力省き、「こうすれば問題を解決できますよ」というメッセージを重点的に打ち出すべきでしょう。そのうえで、相手の理解を確認するため、聞き手に質問を挟みながら説明していくのが効果的です。黙ったまま人の話を聞き続けるのは苦痛を伴いますから、聞き手にも意見や感想を言う機会を与えることで、話の歩調を合わせることができます。

外資系日本法人のトップに求められるのは、海外にある本社との信頼関係の構築です。本社とのやり取りの際には、「日本人は特殊です」と言わないことを心がけています。そう言った瞬間に、相互理解が失われ、議論が停止してしまいます。

ページの先頭へ