玄田有史の名言|すぐノウハウを求めるのは安易すぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加

すぐノウハウを求めるのは安易すぎる。


玄田有史 の経歴

玄田有史、げんだ・ゆうじ。日本の経済学者。東京大学教授。専攻は労働経済学。島根県出身。東京大学経済学部卒業、同大学大学院経済学研究科第II種博士課程退学、大阪大学で経済学博士号を取得。学習院大学経済学部専任講師・助教授・教授などを経て東京大学社会科学研究所教授に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いつも鮮度を求め、これでいいのかと問い続ける。そして、もっといいものがあれば、古いものをぱっと捨てて、切り替える。これが変化の速い時代に勝ち残るカギです。

販売店の店長を立候補制にしていたら、社員から「社長のポストだけが安泰で世襲制というのはあり得ない」と言われて。だったら、勝負しようじゃねえかと社長の椅子争奪戦を始めたんだ。
【覚え書き|社内プレゼンで社長を決める「社長の椅子争奪戦」制度について】

アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。

相手に同調することが大切です。仕草や姿勢といった行動の同調、視線やうなずきといった表情の同調があります。同調すると、相手は自分に共感してくれていると感じ、好感度が上がります。例えば、ある人が会話の最中に顔を触るという仕草をした場合、同じように顔を触った人への好感度が、そうでない人に比べ上がることが、実験的にわかっています。

人間が本質的に抱えている不安を力に変えれば、力んだ決意がなくてもやれちゃうもんなんです。

世界中のどこでも、仕事が滞る最大の要因は同じ。それは誰かが「聞いていない」と言って話を止めてしまうこと。それを防ぐためには「誰にどのタイミングで報告を入れるべきか」をあらかじめ把握しておくことをお勧めします。日本的な言い方をすれば「根回し」ですが、これもまた自分で時間をコントロールするために非常に有効な手段です。

我々の場合、経営陣から技術者、営業部署まで24時間365日フラッシュメモリーしか考えませんから、ほかに逃げるとか、ほかの分野で補填しようなどということはありえません。逃げの戦略では勝てないと思っています。

ページの先頭へ