玄田有史の名言|いい出会いといい別れを繰り返す

ウィークタイズ(弱い結びつき)は永遠に広げていくのでなく、いい出会いといい別れを繰り返す中で築かれていく。

玄田有史 の経歴

玄田有史、げんだ・ゆうじ。日本の経済学者。東京大学教授。専攻は労働経済学。島根県出身。東京大学経済学部卒業、同大学大学院経済学研究科第II種博士課程退学、大阪大学で経済学博士号を取得。学習院大学経済学部専任講師・助教授・教授などを経て東京大学社会科学研究所教授に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

  • 世の道にそむくことなし
  • 身に楽しみをたくまず
  • よろづに依估(えこ=えこひいきすること、頼ること)の心なし
  • 身をあさく思い、世をふかく思う
  • 我ことにおいて後悔せず
  • 善悪に他をねたむ心なし
  • いづれの道にも、別れを悲しまず
  • 恋慕の思いによる心なし
  • わが身にとり、物を忌むことなし
  • 私宅において望む心なし
  • 一生の間、欲心思わず
  • こころ常に道を離れず
  • 身を捨てても名利は捨てず
  • 神仏を尊んで、神仏を頼まず

宮本武蔵の名言_格言|独行道


全国チェーンに生まれ変わるために、200年続いた岡田屋の名前を捨てる決断をしました。200年の歴史と決別したのは、ゼロから出発してまったく新しい会社になるという強い決意を社員一人ひとりに持ってもらう狙いがあったのです。

岡田卓也の名言・格言|岡田屋をジャスコに変えた理由


私は商売人だから、これからいっしょにやるけれども、別れるときに損はしないよ。ただし、その損というのは、金ということではない。何が得られるかわからないけれども、何か得るものを持ってお別れするよ。だから、得るものを与えて欲しいとも思うし、また得るものを自分でつくりたいと思う。
【覚書き|本田宗一郎と一緒に仕事をすることを決めたときの発言】

藤沢武夫の名言|金以外の何かの大切さ


値上げにより既存顧客との別れもあり得ます。人間と同じで、会社も付き合う相手を変えることで自己実現できるということがあります。新しい仕事を請けるにもスキマが必要です。値上げを実現するために一番必要なのは「利益の出ない仕事は断る」という覚悟なのです。

山口真導の名言|「利益の出ない仕事は断る」という覚悟


交渉では最後に負けたフリをするのも大事ですね。「こんな厳しい案件はなかったです」「ここまでしっかりした人は初めてでした」と自分も傷を負ったような発言をして、向こうの自尊心を満たしてあげる。そうすれば相手も気分よく終わるから、握手で別れられます。

石井琢磨の名言|交渉後に相手と気持ちよく別れるには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ