玄田有史の名言|一種の矛盾めいたものを自分の中に抱えておくことが必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィークタイズ(弱い結びつき)を築くには、「期待しない期待」というか、一種の矛盾めいたものを自分の中に抱えておくことが必要。


玄田有史 の経歴

玄田有史、げんだ・ゆうじ。日本の経済学者。東京大学教授。専攻は労働経済学。島根県出身。東京大学経済学部卒業、同大学大学院経済学研究科第II種博士課程退学、大阪大学で経済学博士号を取得。学習院大学経済学部専任講師・助教授・教授などを経て東京大学社会科学研究所教授に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大手人材紹介会社だと、どうしてもノルマがあって、求職者に転職を急がせてしまう傾向があります。私は本当に応援したい人を適職に導く仕事がしたいと思ったのです。
【覚書き|大手人材紹介会社を退職し、転職斡旋会社を立ち上げた理由について語った言葉】

効率やお金だけが人生ではありません。ソニーグループには17万人近い従業員がおり、優れたアイデアが詰まっています。みんな会社を愛しており、それを大切にしたいと思います。
【覚書き|同業の家電各社が大規模リストラしていることについて語った言葉】

「君はどう思う?」と問いかけ、部下の意見を聞きだしながら、対話形式でアドバイスをするのも有効です。一方的に「こうしろ」と命令するのではなく、ヒントを与えて結論は部下が自分で出すように導くのです。自分の言葉で語った内容は、記憶にしっかり定着しますし、深く理解できます。

初めは緊張して失敗したっていい。失敗した経験があるからこそ、その経験を糧に成功できるのではないでしょうか。

会社が東京一極に集中しているのは日本だけですよ。ほかのどの国だって証券と銀行と報道以外は固まっていません。日本だけです。政府の規制が強すぎたり、お願いしなければいけないことが多かったりするのかもしれませんが。

脳の機能は「ゴール間近だ」と思った瞬間に低下し、それにともなって運動機能も低下します。脳の自己報酬神経群という部位の仕業です。自己報酬神経群とは、その名の通り自分へのご褒美をモチベーションに働く部位であり、この部位が活発に働かないと脳は活性化しません。

頭でっかちに屁理屈をこねたり、本を読むよりも、会社に飛び込んでOB訪問をしろ。会わないと何もわからない。

ページの先頭へ