玄田有史の名言|一種の矛盾めいたものを自分の中に抱えておくことが必要

ウィークタイズ(弱い結びつき)を築くには、「期待しない期待」というか、一種の矛盾めいたものを自分の中に抱えておくことが必要。

玄田有史 の経歴

玄田有史、げんだ・ゆうじ。日本の経済学者。東京大学教授。専攻は労働経済学。島根県出身。東京大学経済学部卒業、同大学大学院経済学研究科第II種博士課程退学、大阪大学で経済学博士号を取得。学習院大学経済学部専任講師・助教授・教授などを経て東京大学社会科学研究所教授に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ひとつのマーケットを2社で占めている状況下では、ユーザーの観点から見れば決して満足度が高いわけではなく、まだ足りないところがあるはずです。3社か4社加わった方が競争原理が働いて、もっといいサービスができると思います。

起業家の中には夢を見るだけの夢想家で終わってしまう人が沢山います。それは第一に知識が無いということ、即ち勉強が足りないということ。第二に言葉だけで勇気を持った実行力が無いということ。最後に戦略が無いということの「三無」だからだと思います。

営業職員にやる気を出してもらうことが日本生命では極めて重要。支社に出張して話をするときは、業務方針の話もしますが、あとは、自分の思いを話したり、本の話をしたりするんです。

私もこれまで顧客に「何を望んでいるか」と問い続けてきましたが、もはやその問いが意味を成す時代ではありません。顧客すら「見えていない」要求に応えていけるかどうかが重要。

最初から達成できそうな目標を立てても大きく躍進することはありません。そんな目標を立てても、つまらないと思いませんか。簡単には達成できそうもない大きな夢を語り、それを多くの人と共有していく。そのための目標を立て、いかに達成するかを必死に考え、チーム一丸となって目標に向かって進んでいく。その先頭に立つのがリーダーなのだと思います。

ビジネスとは人と人との関わり合いから生まれます。古今東西、人間の本質はそう変わりません。それを知るためにも、読み継がれてきた古典から学べることは膨大だという認識を心に刻んでおくべきでしょう。

苦と楽は常に一対になっています。苦しい仕事をすればするほど、その分反対側への振り幅も大きく、やり遂げたときには大きな達成感を得ることができます。苦しくない仕事をしていたら振り幅も小さく、本当の楽しさも味わえません。

私は言語とは長期間少しずつ勉強するよりも、一定期間、集中的に勉強した方が上達しやすいと思います。例えて言うと、ロケット並みの速さとエネルギーで、ある程度のレベルまで突き進み、軌道に乗ったら、頭の中に出来上がったその言葉の回路を補強するために勉強を続けるのです。

自分の性格が悪いほうに出てしまうこともあるけど、逆にいい面でもある、そう考えるようにしています。

人が興味を持つのは、「店が雑誌に載っていた」という情報ではなく、「雑誌に載っていた店が実際にどうなのか」ということ。接待をする際にも、実際に行って美味しかった店に連れて行かなきゃダメ。自分のお金で行って、自分の舌で確かめるのがポイントです。

ページの先頭へ