亀井勝一郎の名言|読書の目的は、自分の原点を発見するということに尽きる

読書とは一種の邂逅(かいこう)だ。読書の目的は、要するに自分の原点を発見するということに尽きる。

亀井勝一郎 の経歴

亀井勝一郎、かめい・かついちろう。昭和の文芸評論家。旧制山形高等学校(現:山形大学)を経て、東京帝国大学文学部美学科に入学するもマルクス、レーニンに傾倒し退学。治安維持法違反容疑で豊多摩刑務所に2年間投獄される。釈放後、同人雑誌「現実」「日本浪漫派」を創刊し評論活動に入る。『人間教育』で池谷賞、『日本人の精神研究』で日本芸術院賞、菊池寛賞受賞。死後、優れた文芸評論に贈られた亀井勝一郎賞が講談社主催で14年間行われた

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成長できる環境を与えずに「最近の若者はダメだ」と指摘する論調には違和感を覚えます。私はポジションと経験が人を育てると確信しています。多くのグローバル企業が、入社数年以内に社員を海外に派遣する制度を始めたのはよい傾向だと思います。このほか、経営の傾いた子会社に出向して立て直しや清算など「しびれるような」体験をした場合、30代後半以降で大化けする可能性もあります。

岡島悦子の名言|若手には成長できる環境を


天下において、何事かを成そうとする者は、膿(うみ)も良く腫れないうちには針で患部を突くことができないのと同じで、時期を判断することが大切です。

坂本龍馬の名言|時期を選ぶことの大切さ


悩みを抱えているときは、自分で掘り下げているだけではダメ。

寺下史郎の名言|悩みを抱えているときは、自分で掘り下げているだけではダメ


松下幸之助さんは80歳になっても、新しいことや、より優れたことをどう成し遂げようか、常に見極めようとしていました。大抵の人は、40歳で成長が止まってしまいます。学ぶことに心が開かれていれば、優れたモデルを、ライバル企業からさえ見つけることができます。

ジョン・コッターの名言|一生学び成長し続ける


経営をしていると、失敗はたくさんあるでしょう。ここのところを、一個一個、反省しなければ駄目なのです。

大川隆法の名言|一個一個、反省しなければ駄目


米国は長年の取引が信用のベースになる国。取引先に儲けさせる関係を築くのが大事。

赤尾昭彦の名言|米国は長年の取引が信用のベースになる国


かつては同じ領域の中で3番手でも、ビジネスが成立していた時代がありましたが、今は違います。1番手でない場合は、既存品の有効性や安全性を凌駕するものを狙っています。

畑中好彦の名言|3番手ではダメ


変化に対応する力を養うには、お客様と同じ目線に立つことが必要。

木村浩一郎の名言|変化に対応する力を養うには、お客様と同じ目線に立つことが必要


時々は失敗してもいい。全部勝たなくてもいいんです。トータルで見て負けていなければ、それでいいんですから。

和田博の名言・格言|トータルで負けていなければそれでいい


若手中心にアイデアを募るプロジェクトでは、自販機に足が生えて顧客の所まで歩いて行き、商品を薦めるという発想まであった。実現可能なことから着手しているのが今の段階だが、30年後を見据えてゼロから自由に考えてほしいと社員には伝えている。

高松富也の名言|30年後を見据えてゼロから自由に考えてほしい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ