ジョセフ・バジールの名言|創造することを学ぶことこそ大事

これからは読み書きができるとか、学ぶ技術を知っていることが大事というより、創造することを学ぶことこそ大事なのだ。

ジョセフ・バジール の経歴

ジョセフ・バジール。ベルギーの文明評論家。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

押しつけは禁物です。U‐23年代も「おとなしすぎる」「感情を表さない」などとよく批判されますが、教育も含め、こうした社会をつくった上の世代の責任です。「おまえたちはガツガツしていないからダメなんだ」などと説教されても、反発するだけです。この世代はこういうものだと、一度認めて受け入れて、そのうえで変えていけるところは変えていってやろうと考えています。

手倉森誠の名言|この世代はこういうものだと、一度認めて受け入れて、そのうえで変えていけるところは変えていく


インターネットのサービスを考えるうえで重要な才能は、自分の使わないものをつくれるということです。新しいサービスを作り上げていく過程で、決して自らの感覚を「ユーザーの中心」と考えないように心がけています。たとえ自分は使わなくても、その商品がどう使われるのか理解し、その利用者に向けてものをつくるのです。

田中良和の名言|自分の使わないものをつくれることが重要


僕のエッセイは害がないんですよ。害がない代わりに、得るものは何もない(笑)。それが多くの人に読んでもらえている理由なのかもしれませんね。

大泉洋の名言|害がない代わりに、得るものは何もない(笑)


先人のやり方をすべて間違いだと頭から否定するのは逆に危険です。多くの人が長年そうしてきているということは、何か理由があるからかもしれません。ですから、「なぜそれを続けるのか」をまずよく考える必要があります。その結果、本来の目的が忘れられた、ただなんとなく続けられていることであったり、いまの時代に会っていないやり方だった場合は、目的を達成するもっと効果的なやり方を新しく発想し、具体化していけばいいのです。

清宮克幸の名言|先人のやり方を「なぜ続けているのか」をよく考えることが重要


この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。誰からも自分は必要とされていないと感じることです。

マザー・テレサの名言|この世で最大の不幸


その道のプロフェッショナルが長い時間をかけて考えたノウハウに乗っかるほうが、自分で考えるよりもずっと効率がいいんです。

古川健介の名言|その道のプロフェッショナルが長い時間をかけて考えたノウハウに乗っかるほうが、自分で考えるよりもずっと効率がいい


基本的に人間はものごとを客観的に見ることなどできないと思っています。つまり、どこまでいっても主観から逃れられないということです。身も蓋もないような言い方ですが、では自己観照はできないのかと言うと、そういうことでもありません。どこまでいっても主観的ではあるが、いかに主観の「臭み」を抜くか、いかに主観を「たたき上げる」か、ということだと思います。たたき上げるというのは、つまり、ひとつの見方に凝り固まらず、少なくとももうひとつの見方を試みるようにする、ということです。

玄侑宗久の名言|主観から逃れ慣れないという前提で、考えることの大切さ


不透明な中だからこそ、事象を俯瞰して眺め、企業として安定的な基盤を整えつつ、多面的に布石を打っていく必要がある。

森章の名言|事象を俯瞰して眺め、多面的に布石を打っていく必要がある


「飼っている猫と一緒にいて、そこにおいしい紅茶と甘いものがあればなおさら満たされる」「育てているバラの花が一輪咲いた」。例えばそんな幸福の瞬間を自覚していくことで、自分の幸せには、これとこれが必要だと分かってきます。

村山由佳の名言|幸福の瞬間を自覚していくことで、自分の幸せには、これとこれが必要だと分かってくる


私たちが強みを持っているのは、デジタル製品ではなく、もう少しアナログな社会インフラ系の製品です。その領域で10年後、20年後に必要な技術は何か、という考え方をしています。

柵山正樹の名言|10年後、20年後に必要な技術は何か考える


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ