辻慎吾の名言|できるはずがないと言われていることに挑戦するから森ビルなのだ

できるはずがないと言われていることに挑戦するから森ビルなのだというDNAを受け継いでいく。

辻慎吾 の経歴

辻慎吾、つじ・しんご。日本の経営者。森ビル社長。広島県出身。横浜国立大学大学院工学研究科修了後、森ビルに入社。六本木六丁目再開発事業推進本部計画担当課長、六本木ヒルズ運営室長、タウンマネジメント室長、取締役、常務取締役、副社長、中国タウンマネジメント営業本部長代行、同経営企画室長などを経て、森ビル社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分のためだと思うと力が出ない。「これは人のためだ」と思った方が、踏ん張れる。

新田信行の名言|「これは人のためだ」と思った方が、踏ん張れる


決算書から本質を読み取ることが大切。例えば、販管費が減少して徐々に営業利益が上がっているとしましょう。一見、状況が良いと判断しがちですが、販管費が下がっているのは効率化が進んだからでしょうか。それとも給与水準が下がっただけでしょうか。それによって、会社の状況は全く異なる見方になります。

中川政七の名言|決算書から本質を読み取ることが大切


変化の時代の経営では時間の要素が大きくものをいう。スピードこそが生命である。

土光敏夫の名言|スピードこそが生命


闇があるから光がある。そして闇から出てきた人こそ、本当に光のありがたさがわかるんだ。世の中は、幸福ばかりで満ちているものではない。不幸であるから幸福がある。そこを忘れないでくれ。

小林多喜二の名言|闇から出てきた人こそ、光のありがたさがわかる


「この仕事は俺にあわない」「つまらない」と決めているのは自分自身。どこにいても腐らず精一杯楽しめば、その中で自分に向いている仕事がみつかることもある。

鳥越俊太郎の名言|どこにいても腐らず精一杯楽しめば、その中で自分に向いている仕事がみつかることもある


人間関係のストレスが少ない人は、コミュニケーションによって相手の自己重要感を高めるのが上手なので、敵を作らず人間関係を円滑に保てるのです。

西脇俊二の名言|コミュニケーションのコツ


できるかぎりの想像力を駆使して、未来へタイムスリップして今の自分を過去として振り返ってみるといいですよ。おすすめです。

高橋祥子の名言|いまの状況を未来から見てみる


読む、書く、聴く、話すの4つを比較すると、書くことが一番脳を動かすんです。聴くことが一番動かない。よく「シャワーのように英語を聴きなさい」といったりしますけど、聴くだけではなく、書くことにも注目してほしいですね。

陰山英男の名言|英語を書くことの大切さ


当社ではロボットの目、要するにセンサーをつくっています。キヤノンは自社の生産のためにロボット本体を内製していますが、それを外販することはセンサーの提供先である企業と競合するのでいまのところは予定していません。でも、目ならロボット会社も買ってくれるじゃないですか。

御手洗冨士夫の名言|機械ではなく部品を売るという選択肢


もっともらしい横文字が並ぶのは、駄目な企画書の典型です。社員全員が、カタカナ用語を知っているわけではないし、専門用語ばかりだと部署をまたげば意図が伝わらないケースも出てきます。

上田準二の名言・格言|典型的なダメな企画書


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ