森稔の名言|前例は自分たちでつくる

できない理由を並べ立てるのはやめにして、前例は自分たちでつくる。

森稔 の経歴

森稔、もり・みのる。日本の経営者。森ビル会長。京都府出身。森ビル創業者森泰吉郎の次男として生まれる。東京大学教育学部卒業後、森ビルに入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。そのほか、社団法人不動産協会理事、社団法人経済同友会理事、東京都首都移転問題専門委員なども務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

テクニックを使わないで、私はこの会社に命を懸けているんだということを周囲の者に見せなければダメだね。口で言ったってダメだな。「お前ついてこい」と言ったって、ついて来るかどうか。「あれ、社長どこへ行くの」ってなもんだ。

良い商品を求めて、百貨店や専門店に足しげく通った時期がありました。どこそこに良い商品があると聞けば、飛んでいくのです。そして当時はガラスケースに収められていた商品を、店員さんにひとつひとつ出してもらい、実際に手にとり五感を総動員してその感触を確かめました。その商品の持つ風合いや繊維の復元力を確かめるには、体で覚えるのが一番です。

国の青春とは、国民の心の様相をいう。

笑いがなければダメですね。同じ仕事をするなら楽しいほうがいいじゃないですか。

早朝から外を清掃。夜間はバイトをして、スタッフの給料を工面。他人に尽くすと決めたら、周囲の見る目も変わり一致団結できた。

最も基本的なところでいえば、日々の業務を通じて良心を涵養すること。自分の一つひとつの行動の動機が、良心なのか、自利心なのかを弁別し、良心による行動と、そこから得られる「歓び」を大切にしていくのです。こうした取り組みを自らのキャリアを通じて積み重ねていくことが、良心を育てる一つの方法ではないかと思います。

ガバナンスの仕組みが、ファミリーの暴走も食い止めてくれるのではと期待しています。私という重しがなくなったら創業家内でゲリラ戦が起きて、ファンドなどに付け入る隙を与えてしまうかもしれない。そうならないよう、社外取締役に監視してもらいたいのです。

社長業は大変と言えば大変ですが、社員の皆さんも、持ち場、持ち場で同じ気持ちだと思います。社長と部長と若い社員では役割が違うだけで、会社を良くしようと思っているところは同じです。

外から情報を得て、それを当てはめる中でブレークスルーが生まれるというパターンが多かったですね。たとえば、自分がそれまでに扱ったことのない材料について、「こういうやり方をするときれいな結晶が得られる」という情報を得たことがありました。それを自分の対象で真似してみると、劇的に結晶がきれいになった。それは私にとって、とても大きなブレークスルーでした。

うちに所属しているタレントさんが本気か冗談かわかりませんが、「会社が何もしてくれないから、僕は自分一人で売れた」なんて言っているのをよく耳にすることがあります。それぐらいの根性がないと、芸能界では生きていけません。荒れた土地に自力で根を生やした人間は足腰が強いわけだし、自分がつらい思いをした分、人のつらさもわかる人間になるわけです。吉本の人材教育は、タレントも社員もそっちの方に放り込んでいるんだと思います。

ページの先頭へ