村田昭治の名言|仕事を上手に進めるキーポイント

どこで、どんな人の力を借りればいいのかを知ることが、仕事を上手に進めるキーポイントだ。

村田昭治 の経歴

村田昭治、むらた・しょうじ。日本の経営学者。台湾台北出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ハーバードビジネススクールに留学。慶應義塾大学教授を務めた。また、社会経済生産性本部マーケティングソフト研究所所長、日本マーケティング協会常任理事、日本商業学会理事、日本広告学会理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世界では、激しい競争が起きています。売り買いの場を提供する「マーケットプレイス」事業は参加者数がサービスの価値を決め、2位以下は生き残れない勝者総取り。果敢にリスクテークして攻める姿勢は、勝つための絶対条件。

小泉文明の名言|果敢に攻める姿勢は、勝つための絶対条件


私は、日本のビジネスパーソンの英語力は、必ず伸びると思っています。なぜなら日本のビジネスパーソンの「潜在的な語彙や文法の力」は、決して低くないからです。大卒者であれば、中学、高校、大学の、年間で約1000時間、英語の授業を受けているのですから。蓄えた知識を生かせていないだけなのです。

加藤智久の名言|蓄えた知識を生かせていないだけ


不安を抱いているだけでは何もよくなりません。

山口勉の名言|不安を抱いているだけでは何もよくなりません


モノづくり全体においてはやはり現場、開発するチームが大切になる。開発責任者を中心としたチームが理想のモノづくりに、どれだけ徹していけるか。

八郷隆弘の名言|現場、開発するチームが大切


あっという間の人生です。いま充実しているのであれば、それをエンジョイすればいい。クヨクヨしないこと。そもそも人生などどう転ぶか誰にもわからないのですから。

出口治明の名言|いま充実しているのであれば、それをエンジョイすればいい


人が疑問を解消しようと投げかける質問のほとんどは、「why」「what」「how」に集約される。それを事前に意識しておけば、資料の読み手が何を知りたいのか、どこに疑問を持つかが見えてくる。さらに「when」「who」「where」を補足的に意識することで、より具体的な提案にできる。

浅田すぐるの名言|事前に読み手の疑問点を意識する


独立の気力のない者は、国を愛する気持ちも希薄である。外国から自国を守るには、自由独立の気風を全国に充満させ、国中の人たちが、身分上下の別なく、国の問題を自分の問題とし、知恵や身体の障害の有無にかかわらず、それぞれ国民としての務めを果たさなければなりません。

福沢諭吉の名言|外国から自国を守るには


僕は学校を出たら実業界に就職を求めるつもりでいました。そのときの商科の科長は、僕を日銀に紹介してくれました。しかし、僕の気持ちとしては銀行に入るより、産業界に入りたい。広く銀行が大衆から集めた金を借りて、国に役立つ事業を育成していく仕事はさぞ面白かろうと思っていました。

原安三郎の名言|国に役立つ事業を育成していく仕事はさぞ面白かろうと思った


我々は世界中で仕事を行っていますが、一つひとつを落とし込んでいけば、地域社会の非常に小さな世界の集合体なのです。小さな仕事でもいいから、そこの地域や住民に対して価値を提供することが大切であり、もし貢献できていないというのであれば、仕事をやる意味がありません。

國分文也の名言|貢献できていないというのであれば、仕事をやる意味がない


仕事ができる人は、探す時間の無駄をよく認識していて、日ごろから整理整頓を心がけ、必要なものや情報にいかに早くアクセスできるかに気を配っている。

小松易の名言・格言|探す時間の無駄をよく認識する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ