村田昭治の名言|自分の生き方、哲学をしっかりもっている人は、人を強く引きつけるものだ

自分の生き方、哲学をしっかりもっている人は、人を強く引きつけるものだ。

村田昭治 の経歴

村田昭治、むらた・しょうじ。日本の経営学者。台湾台北出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ハーバードビジネススクールに留学。慶應義塾大学教授を務めた。また、社会経済生産性本部マーケティングソフト研究所所長、日本マーケティング協会常任理事、日本商業学会理事、日本広告学会理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

単なる面白いCMで終わらない「売れる仕組み」を作るところまで、考えています。

安藤徳隆の名言|「売れる仕組み」を作るところまで考える


僕は成功の10倍は失敗しています。僕に言わせれば、経営者は朝令暮改でいい。やってみて検証すればいいし、その結果、間違っていたら変えればいい。もっと乱暴な言い方をすると、間違えていても「なるほど」と思わせるぐらいの勢いで言ってのければいいんです。間違えていても信じさせる力、これがリーダーシップですよ。冷静な論理と熱い情熱。組織だけじゃなく、経営者自身にも両方欠かせないと思っています。

原田泳幸の名言・格言|リーダーは朝令暮改でいい


現場での経験から心に留めるようになったのが、「ポジションが人を育てる」ということです。例えば、営業成績では平均レベルのとある社員が、マネジャーに抜擢された途端に強力なリーダーシップを発揮し、想像以上の成果を上げた、そんな出来事が印象に強く残っています。

冨田智夫の名言|ポジションが人を育てる


ユーチューブをタイム誌が2006年の発明ナンバーワンに選びました。日本でユーチューブみたいなものが出てきたときに、発明大賞に選びますか?ありえないですよね。日本では著作権違反の映像がたくさん載っている問題サイトだという報道しかされないわけですから。ところが「これは映像文化を変えた発明である」と言って、ドーンと取り上げるのがアメリカです。こういう雰囲気から新しいものが生まれてくるんです。

梅田望夫の名言・格言|アメリカには新しいものを生む土壌がある


サラリーマンはたまたま取引先が「今勤めている会社」というだけの「自分株式会社の社長なんだ」という意識を持つべき。

菅井敏之の名言|「今勤めている会社」は取引先という意識を


小さな会社は完璧な製品の開発を目指すあまり、研究開発の罠に陥りやすい。研究開発を重んじる会社はえてして、いつまでたっても新製品が完成しないということになりがちだ。立派なアイデアを持っている会社が研究開発にのめり込んだ末に、気がつけば社会にすっかり後れを取っていたという例はたくさん見てきた。必要なのは、実際にプロジェクトを動かしてみて、そこから学びながら手直ししていくという発想だ。

ポール・ブシャールの名言・格言|完璧を期すより、拙速でもスタートさせ学びながら手直しする


私は営業ではお客様から信頼を得ることが、礼儀や話術といった技術的なものより、はるかに大事だと思います。同じ情報についても、人により様々な受け止め方があります。そこでそのいろいろな見方を紹介したうえで、「しかし私はこういう理由でこう考えています。だからこの商品をお勧めします」という具合で話をします。

清田瞭の名言|営業は技術より先に信頼


大切なのは本物の味、おいしさの追求と、時代とともに味わいの出る店づくり。

坂井哲史の名言|大切なのは本物の味、おいしさの追求と、時代とともに味わいの出る店づくり


リーダーにとって大事なことの一つは、チームのメンバーが健全な議論をできるようにすること。議論とは、それぞれが自分の意見を主張して押し通そうとすることではありません。なるべく多様性のある数多くの意見を引き出す。10個の意見から1つ選ぶより、100個の意見から1つ選ぶ方が正しい可能性が高い。いかにして、多様性のある意見を生み出しやすくするかが大切。

森川亮の名言|健全な議論をできるようにする


スタートする前の段階で「ゴール」「道のり」「手段」をはっきりさせておけば、途中で壁にぶち当たっても慌てることなく前に進むことができる。

冨田和成の名言|「ゴール」「道のり」「手段」をはっきりさせておく


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ