柳井正の名言|自分から変わろうと思わないといけない

自分から変わろうと思わないといけない。評論家や傍観者ではダメだ。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

松下電器貿易の面接で、「外国語もできませんし、簿記もつけられず、貿易のことは分かりません」と述べたとき、国分(武彦専務)さんは、「人間は一生勉強だ。外国語や簿記は会社に入ってから勉強したらいい」と言ってくださいました。はっきりとものを言ったことで、かえって気に入っていただけたようです。

具体的な目標を持て。その目標設定が自分を引きあげる。

昔から日本には「田をつくるより木を植えよ、木を植えるより人を養え」という言葉がある。私は今日、「ミシンをつくりかつ売る」企業に携わっているが、仕事即教育即人づくりで、蛇の目においては「ミシンを通じて世の人にお役にたつ人をつくる人材を育成する」教育事業をしていると考えている。

人の言うことを真に受けて何かをしても、十のうち九は失敗します。だって、相手があなた自身のことを、あなた以上に本気で考えているはずがありませんから。

私がなぜサラリーマンをやってこられたか。仕事の成果を出さなければならないのはもちろんですが、それに加え、上司の上司である役員と親しかったのが功を奏しました。ちょうど『釣りバカ日誌』の社長とハマちゃんの関係です。そういう偉い人は本音で相手してくれる人がいなくて、寂しい思いをしているので、うまくそこに付け入ったんです(笑)。

拙速を尊べ。お客様の意識の変化に付いていき、環境変化に負けないスピードを会社全体で付けよう。

チャンスや出会いというのは下手な計算をせず、自然に受け止めていると、どんどん広がっていく気がします。

よそ見をしないで、本業に徹しようと覚悟を決めることが一番大切です。

振り返れば一番の財産は人ですね。キャスター時代、経営者を400人くらいインタビューしました。40年以上、アラブの人たちとつき合ってきました。その蓄積がいまの私をつくり、いかなる問題にもたじろがない土台となっています。

企業は何でも政治に頼ってはダメ。役所の反発から緩和が難しい「岩盤規制」ではなく、経営者は「心の岩盤」を崩そう。

私の本業はクチコミマーケティングですが、ネットの反応がプラスに現れたものがクチコミ、マイナスに振れたものが袋叩きや炎上なのです。真摯に謝罪すれば、マイナスの反応はプラスに変えることができます。クレーマーはロイヤルカスタマーになるとよく言われます。袋叩きされて頭を抱えるのではなく、逆にチャンスと考え、上手く活用してはどうでしょう。

改革に頂上はないのかもしれません。お客様というのは決して満足しません。ひとつ満足すると、その次はその満足が不満足になっていくからです。私自身、視聴者満足とは、視聴者の不満足をひとつひとつ消していくエンドレスな仕事なんだということを、肝に銘じながら経営にあたっています。

職場の人から妻や子どもまで、実はいろんな恩恵を受けている。日記に感謝の言葉を書くと、自分が変わっていく。人現関係もお金も良い回転をし出す。

ページの先頭へ