柳井正の名言|原点に返ってよく考えないといけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆることは原点に返って、目的は何なのか、結果としてどういうものが必要なのかということを、よく考えないといけない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の強みを知るには客観的に見てくれそうな人と対話してみることです。先輩でも友達でもいいですから、遠慮なく意見をいってくれそうな人に、考えていることを話してみるんです。

すぐに手をつけなければいけないのは、クレームやトラブルのたぐい。初期に対応すれば、30分や1時間で対処できるのに、対応が遅れたために数日かかるという事態も起こりえますからね。

スポーツ選手が平常心で戦いに臨めるのは、もうこれ以上できないと心の底から思える程練習を重ねた時だ。これ以上できないくらい練習したんだから、試合の当日、焦ったり不安になったりすることはない。勝敗をこえた心の強さが支えとなる。

近代ホテル経営に科学的かつ合理的な技術を導入し、ホテル産業を近代産業に脱皮させた人物エルズワース・スタットラーの言葉に、「お客様の望むことをやってさしあげなさい、お客様の望まぬことをやってはなりません」という言葉があるんです。いまでこそ意味が分かりますが、かつての旅館のサービスとはそうではなかった。お客様個々のニーズの多様化、個性化、高度化をどう嗅ぎ分けていくのか。まことにむずかしいですね。

有名、難関大学の学生は、えてしてその大学に入学することを目的化してしまう傾向がありますが、本学では大学での学び、成長を重視して、知識だけではなく人間として完成度が高い学生を育てることをとても大事にしています。

当社は、メガネの付加価値を模索し、世の中に提案してきた会社です。常に新たな機能を考え商品に反映させていくというビジョンを持って商品開発を行っています。

ビジネスは学級会ではありません。事業責任者を置いているのは、誰かがしっかりと責任を取るためです。議論のプロセスでいろんな意見が出ることは好ましいことです。しかし、情報を収集し、決断するのは事業責任者であり、責任の所在が不明瞭では失敗が次の機会に活かせません。

ページの先頭へ